志摩力男トップテキスト
コラム

コラム・ニュース

(今日の一言)次の金融危機を懸念するロゴフ教授

2019年2月6日 20:00

コラム

 米国株は力強く回復してますが、次の経済危機、金融危機を懸念する声は消えません。「国家は破綻する」の著者であり、元IMFチーフエコノミスト、ケネス・ロゴフ教授は英ガーディアン紙に「次の金融危機はすぐに来るかもしれない (The next financial crisis may come soon – are we all that safe?)」と書いています。

 リーマンショック後の対応で、金融機関はかつてと違いかなり危機に対する対応力を付けたことになっています。それはそのとおりだと思います。しかし、危機は予想した方向からやってくるわけではありません。ロゴ不教授は従来とは全く違う形から金融危機は起こり得ると警告しています。それはサイバー攻撃かもしれないし、ソブリンデフォルトかもしれないと。

 年末年始の頃から比べると、米国を中心に株価は大きく戻しました。しかし、危機が消えたわけではないと思います。米国が実質的に利上げを中止したので、新興国投資が良いと仰る方もいます。米金利上昇が新興国経済を圧迫するので、米金融引き締めが止まったことは、確かに新興国には有利に働きますが、経済はそれだけで動いているわけではありません。本当に危機が来た場合、最も影響を被るのは新興国です。

 本日、豪ドルが急落しました。ロウ豪中銀総裁の発言がきっかけですが、1月3日に70円前後まで落ちた豪ドルを80円近辺で買うというは、どうかと思います。危機は消えてないでしょう、そして次の危機の震源はおそらく中国になります。その時、豪ドルは最も影響を受ける通貨です。今はまだ警戒を解くタイミングではないと思います。

(今日の一言)ビル・グロース氏の引退

2019年2月5日 17:30

コラム

 世界最大の債券ファンド、PIMCO創業者の一人で、Janus Capital のファンドマネージャーであったビル・グロース氏が引退すると昨日発表がありました。感慨深いものがあります。

 数年ほど前までは、FOMCの発表等があるとき、CNBCのスタジオには必ずビル・グロース氏がいました。彼が発するコメント、解釈が業界の「ベンチマーク」であり、正しい正しくないを超えて、皆が拝聴しました。なぜならその時彼は本当に債券「王」だったからです。

 彼が月に一度書く”Investment Outlook”は、ウィットに富んで面白いものでした。著書もあります。「発想の大転換―21世紀に向けての投資運用」は、トレードというか、トレーダーという生き方のヒントが満載されたものでした。正確な言葉は忘れましたが、トレーディングで失敗する人は「業界で生き残ろうという執念にかけている」と厳しく指摘され、ハッとした覚えがあります。

 ここ数年は残念な感じでした。バフェット氏やジョージ・ソロス氏が依然として現役でいることを考えると、引退はちょっと早い(74歳なので、十分遅いのですが)? といいますか、やはり寂しいなと思います。

(今日の一言)利食いは自己否定だから難しい

2019年2月4日 19:40

コラム

 トレードにはエントリーと利食い、この2つがあります。誰しも言うのが、「利食い」の難しさ。「もっと待てばよかった」という時もあれば、「なぜあの時に利食いしなかったのか。。。」と悔いることも多くあります。まあ、完璧な利食いというものはありません。利食いをしても、しなくても悔いが残りますから、「割り切り」とか「妥協」が必要になるのでしょう。

 エントリーの時には、いろいろ相場の材料を考え、シナリオを描き、チャートを見て、いろいろ納得して決めます。要は理詰め、これしかないというアイデアを構築して入ります。ところが、利食いは(損切りもそうですが)、それをあっさりと否定しなければなりません。一生懸命考えたアイデアを「終わった」と捨てるのがなかなかできないので、逡巡します。利食いは自己否定、だから難しいんだなと思います。

マネックス証券「週間為替展望」更新、今週は”旧正月で静かな市場?”です

2019年2月4日 19:30

お知らせ

マネックス証券にて毎週月曜日更新の動画「週間為替展望」がUPされました。今回のテーマは「旧正月で静かな市場?」です。動画は下記ページよりご覧ください。

◆マネックス証券:志摩力男の週間為替展望
https://info.monex.co.jp/fx/fx-plus/seminar/weekly.html マネックス証券動画

(今日の一言)気になる、欧州と中国の景気

2019年2月1日 19:50

コラム

 本日発表になった中国Caixin製造業PMIの数字は48.3とかなり低い数字となった。2016年2月以来だろうか。その頃は、中国発の景気減速が世界を巻き込むと恐れられ、2月のG20では「上海合意」なるものが米中の間で合意されたとまことしやかに噂された。

 中国に歩調を合わせるかのように、欧州の経済指標も悪化してきている。昨日発表された独12月小売売上高は前月比予想-0.6%のところ-4.3%と2007年以来の落ち込みとなった。独経済と中国経済は、地理的に離れてはいるが、実は密接だ。中国富裕層の好む高級品は欧州で作られている。ファッションブランドもそうだが、高級ドイツ車の最大市場は中国だ。中国が高級品を買っったので、2017年の欧州経済は盤石だった。

 今回、中国当局は様々な景気刺激策を出している。しかも、結構な金額だ。リーマンショックの時はよく効いていたのに、どうして今は反応が薄いのか、よくわからないところがある。もし今回、何か経済危機が来るのであれば、中国もしくは欧州から来るのではないかと思う。

(今日の一言)金とプラチナの価格差、ついに500ドルに

2019年1月31日 19:00

コラム

 2015年ぐらいでしょうか、金とプラチナの価格差が逆転したのは。それまで一貫してプラチナの価格のほうが金を上回っていました。だからこそクレジットカードの「プラチナカード」は「ゴールドカード」の上位に来ます。しかし、それもそろそろ変わってくるのでしょうか。

 ディーゼル排除の動きがあるとはいえ、いつかはもとに戻って白金が金を上回るのではと素人ながらに思ってましたが、どうもそうでもないようです。以前、コモディティーの専門家に聞くと「あれは、触ってはいけない」と教えてくれました。つまり、スペシャリストの間では、ずいぶん前からゴールドとプラチナの逆転は、不可逆的な面があるとわかっていたようです。因果関係のある裁定取引、例えば債券市場であればスプレッドはすぐ埋まるのでしょうが、コモディティの世界は難しいなと思いました。

2月1日、16時よりラジオ日経「GoGoジャングルマーケット」に出演します。

2019年1月31日 0:42

お知らせ

 2月1日(金)ラジオ日経「GoGoジャングルマーケット」に出演します。是非、お聞きになって頂けたらとおもいます。 

http://www.radionikkei.jp/gogo/

(今日の一言)高い、若者の満足度

2019年1月30日 20:30

コラム

 本日の朝日新聞15面、経済同友会代表幹事・小林喜光さんの「平成は日本敗北の時代」は、全く仰られる通りという内容でした。
https://digital.asahi.com/articles/ASM1P41DQM1PUPQJ006.html

 この中で少し驚いたのが、国民の満足度調査で、今の生活に満足という人が高く(74.7%)、特に若者(19~29歳)は83.2%とという事実です。満足度が高いということは良いことですが、給料が低くて結婚できないと問題になっているのに満足度が高いというのはどういうことなんでしょうか?

 確かに相対的には貧乏になっているのかもしれませんが、生活は楽しいのかもしれません。食事は美味しいし、スマホがあれば、ゲームもできるし、テレビや動画もいくらでも見ることができます。

 しかし、小林氏も指摘してますが、アベノミクスは時間稼ぎにしか過ぎません。現在の日本は、金利はゼロ、超円安、株価も安定とマクロ的にはこれ以上の環境はなく、何かあるとすれば景気には悪い方向にしか行きません。満足は良いのですが、米中対立もあり、今の状況は長続きしないかもしれす、そのリスクは高いと感じます。

(今日の一言)米中対立

2019年1月30日 0:00

コラム

 人気テレビドラマ「24」、どのシリーズの何回目か忘れましたがこんなシーンが有りました。大統領が「そんなことしたら、中国のような大国と戦争になるぞ」と叫んだ様な気がします(すみません、うろ覚えなので、全然正確ではありません)。ただ驚いたのは、米大統領という世界一の権力者なのに、中国との戦争に「ビビった」ということです。

 米大統領という立場であれば、世界にとって必要であれば軍事行動を取る、そうでなければ控えるべきであって、「ビビって」はいけないはずですが、現実はそんなものかなとも思いました。トランプ大統領がなぜ登場したのか、過去のしがらみのある政治家だと、絶対に中国と対決できなかったのでしょう。「ビビる」人でも駄目です。中国と対峙するためには、トランプ大統領がどうしても必要だった、歴史の必然なのかなとも思います。

 米国の目的はどこにあるのか。米中対立に終わりがないという言い方もされますが、おそらく中国共産党を倒す、究極はそこだと思います。中国はそのうち米国以上の経済規模になり世界一の国になりますが、その国を支配するのが今のままの中国共産党では世界中が困ります。この米中対立は負けられない戦いです。

マネックス証券「週間為替展望」更新、今週は”イベントの多い週”です

2019年1月28日 20:02

お知らせ

マネックス証券にて毎週月曜日更新の動画「週間為替展望」がUPされました。今回のテーマは「イベントの多い週」です。動画は下記ページよりご覧ください。

◆マネックス証券:志摩力男の週間為替展望
https://info.monex.co.jp/fx/fx-plus/seminar/weekly.html マネックス証券動画

(今日の一言)妻のトリセツ

2019年1月28日 19:50

コラム

 今週はイベントの多い週です。イベントが多いとたくさん動くのではないかとワクワクする方も多いでしょう。実際、よく動くときも多いのですが、「イベント待ち」になってしまうことも事実で、早速29日の英国のEU離脱代替案の採決までは「待ち」の体勢。こうなると他の方々はどう考えているのか、気になる人の意見等をチェックしたりします。

 先日マネックス証券セミナーでご一緒させていただいた広木さん、マーケットの友人の中には「どうせ上がるって言ってるんでしょう」と辛辣に言う人もいます。しかし、広木さんは元ファンドマネージャー。強気の意見を言っていても、その言葉の端々に微妙なニュアンスが漂い、市場に参加することの「痛み」「苦しみ」「よろこび」が伝わってきます。本当によく考えてらっしゃるなと思います。

 その広木さんが出している「メールマガジン新潮流」、先程見てみると「妻のトリセツ」なる本(黒川伊保子著)に言及されてました。実は僕の方も「読むように」と司令が来ていたので、どうせ「待ち」のマーケット、これも何かの縁と思い早速キンドルでダウンロードして読んでみました。

 なるほど、さすが10万部売れただけあり納得の内容。実に「論理的」「科学的」に書いてあり、そうなると男子にもわかりやすい。マーケットもそうですが、本質的に「複雑」なものでも、できる限りわかりやすく説明する姿勢には感服しました。参考にしていきたいと思います。

(今日の一言)英大衆紙サン

2019年1月25日 20:00

コラム

 メイ政権を閣外協力で支えてきた北アイルランド民主統一党(DUP)が、バックストップの期限を明確に決めることで、来週の下院採決で合意案を支持することに非公式に同意したと英大衆紙サンが報じました。DUPが賛成に回るとなると、大きな前進です。あとは離脱強硬派の人たちがどう出るかですが、徐々にメイ首相の離脱案に収斂しそうな気配です。少なくとも「合意なき離脱」の可能性はかなり遠のいているでしょう。

 ただ問題は、この英大衆紙”The SUN”をどの程度信頼できるかです。最近、英国に行ってないのでよくわかってないのですが、かつては女性のヌード(星マーク☆で隠してました)が必ず一面に掲載されていたタブロイド紙です。ただ、数年前にそれは廃止したとは聞いてます。記事も読んで見ましたが、ちゃんとしてました。時代の流れに沿って、変わってきたのかもしれません。メディア王、ルパード・マードック氏が所有する新聞ですが、マードック氏はいまやウォール・ストリート・ジャーナル紙も所有しています。

 他の通貨の動きが今ひとつなので、ポンドにはどうしても注目が集まります。少し買われすぎかもしれませんが、3月29日の期限に向けて、最もチャンスがありそうな通貨となりそうです。

志摩力男レポートプレゼント締切迫る(1/31迄)

2019年1月25日 20:00

お知らせ

 志摩力男が2019年の為替相場を分析、各通貨の動向を予測したレポート「After Trump Sugar High景気後退に備えよ!」のプレゼントキャンペーンが1/31迄で終了となります。

 レポート内容は、米中貿易戦争が為替に与える影響、2019年は円高か円安か、イタリア問題とブレクジットの影響を受けたユーロの動向、人気のオセアニア通貨、メキシコペソの買い場やトルコリラについてなど。FX投資に役立つよう、できるだけ具体的な記述を心がけました。

 レポートの入手方法は、セントラル短資FXの口座を開設するだけ。口座開設者全員にもれなくプレゼントいたします。口座開設はスマートフォンからでもOK、最短5分で完了します。お申込み締め切りは1/31迄。この機会に、ぜひセントラル短資FXの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのここがおすすめ!>
メキシコペソ/円取引が可能。業界最狭スプレッド0.4銭
②12年連続格付け取得。抜群の信頼感
③米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
短期売買に最適なスピード注文
今だけ新規口座開設で最大300,000円キャッシュバック!

(今日の一言)民主主義のコスト

2019年1月24日 20:10

コラム

 資産運用EXPOが東京ビッグサイトで開催されました。私はマネックス証券様のブースにて11時ー11時半で軽く講演させて頂きました。10分前になってもどなたもいらっしゃらなかったので、大丈夫かな、誰もいないところで話すのかなと心配になりましたが、結果的に立ち見の方も沢山いらっしゃいまして、盛況でした。人が集まると、より集まるということがよくわかりました。

 本日は米中対立という命題にしましたが、明日はブレクジットに関して講演します。英国の政局が混乱しており、それを見ているととてもポンドを買おうという気にはなれないかもしれません。本当にあの人達は最後にまとまるのでしょうか? 不思議かもしれません。でも、最後にはある程度まとまると思います。歴史的大差で離脱案を葬り去りましたが、実はそうしておきながら、それに近いものにまとまる確率が高いのではないでしょうか(もしくは国民投票です)。

 イタリアの財政赤字が昨年議論になりましたが、あの時に少し似ています。イタリアの政治家を見ていると、とてもまともなことを言っているようには見えませんでした。しかし、あれも民主主義のコストみたいなものでしょうか。政治家には支持者がいます。彼らが当選するだけの票を得られた理由、支持者の期待があります。ニッチもサッチもいかないイタリア経済。それに対するフラストレーション。政治家は戦う姿勢を見せなければなりません。欧州委員会という強敵に対して。

 しかし、イタリアの財政問題はいつの間にか両者の中間点ぐらいのところで妥協して終わっています。支持者もわかっています。どうしようもないことを。でも、戦わないで妥協する姿も見たくないでしょう。「戦っているフリをする」ことがいつの間にか政治家の大事な仕事になっています。民主主義のコストは高いなと最近思います。

志摩力男レポートプレゼント1/31受付終了

2019年1月23日 21:30

お知らせ

 志摩力男が2019年の為替相場を分析、各通貨の動向を予測したレポート「After Trump Sugar High景気後退に備えよ!」のプレゼントキャンペーンが1/31迄で終了となります。

 レポート内容は、米中貿易戦争が為替に与える影響、2019年は円高か円安か、イタリア問題とブレクジットの影響を受けたユーロの動向、人気のオセアニア通貨、メキシコペソの買い場やトルコリラについてなど、できるだけ具体的な記述を心がけました。

 レポートの入手方法は、セントラル短資FXの口座を開設するだけ。口座開設者全員にもれなくプレゼントいたします。口座開設はスマートフォンからでもOK、最短5分で完了します。お申込み締め切りは1/31迄。この機会に、ぜひセントラル短資FXの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのここがおすすめ!>
メキシコペソ/円取引が可能。業界最狭スプレッド0.4銭
②12年連続格付け取得。抜群の信頼感
③米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
短期売買に最適なスピード注文
今だけ新規口座開設で最大300,000円キャッシュバック!

志摩力男限定レポート

▼ゴゴジャンからのメルマガお申込みはコチラ▼

志摩力男メルマガ
M2J