志摩力男トップテキスト
コラム

コラム・ニュース

(今日の一言)相場動乱の時こそ、FX

2018年12月27日 14:00

コラム

 この数日は株価が乱高下し、大変な思いをされている方も多いと思います。米国株は、トランプ大統領がパウエルFRB議長、ムニューシン財務長官を次々と首にしようとしたことで、1000ドル下落し、昨日ハセット大統領経済諮問委員会(CEA)委員長が「パウエルFRB議長ポストは100%安全」と発言したことで戻りましたが、どうもコンピューターによる売買が極端な値動きの背景にあるのではないかとの見方が増えてます。
https://www.wsj.com/articles/behind-the-market-swoon-the-herdlike-behavior-of-computerized-trading-11545785641?ns=prod/accounts-wsj

 為替市場でも、かつてスイスショックや、ブレクジット時のポンド暴落がありました。こうした負の側面にも関わらずコンピュータートレーディングが使われているということは、もう欠くべからざるものになっているからでしょう。我々はそうしたコンピューターの特性を利用して儲ければ良いだけだと思います。

 最近の株式市場の動きでも、為替の動きはまだ穏やか。株のヘッジにもなりますし、なんと言っても、流動性が潤沢なので、買いたい時に買えない、売れないということがほとんどありません。相場動乱の時こそFX!と思います。

 本年最後の「一言」になります。来年は1月7日以降を予定しております。本年は大変お世話になりました。良いお年をお迎えください。

<FXトレーダー必見!志摩力男が2019年の為替相場を斬る!特別レポート>
 現在、志摩力男公式サイトではセントラル短資FXさんとのコラボ企画「2019年の為替はどうなる?志摩力男特別レポート」プレゼントキャンペーンを実施中!さらに、今だけ最大300,000円のキャッシュバックも!

画像は制作途中のものです

◆志摩力男レポート概要
2019年の為替相場
「After Trump Sugar High景気後退に備えよ」
1)成長はまだ続くのか? 2019年のアメリカ経済
2)ドル円はレンジブレイクする?
3)イタリア、ブレクジットの影響を受けたユーロの行く末
4)米中貿易戦争が豪ドル・NZドルに与える影響とは?
5)高金利通貨メキシコペソの今後
※一部章タイトルは変更となる可能性がございます

 米中貿易戦争によって各通貨ペアの強弱はどうなるのか、この状況でドルとユーロはどちらが上がるか、メキシコペソ、トルコリラなどの高金利通貨で狙い目なのはこの通貨…などなど、FXトレーダーの方々が投資戦略をたてる上で参考になるよう、具体的な記述を心がけています。

 レポートプレゼント条件は、キャンペーン期間中に志摩力男公式サイトからセントラル短資FXさんの口座を開設するだけ。口座開設の所要時間は最短5分、スマホだけでOKです。お申込みは1/31まで。この機会に、ぜひセントラル短資FXさんの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのおすすめポイント>
待望の新通貨メキシコペソ/円取扱いスタート!スプレッド0.5銭
①12年連続格付け取得。抜群の信頼感
②米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
③短期売買に最適なスピード注文
④メキシコペソ、トルコリラなど高金利通貨に強い
今だけ!新規口座開設で最大300,000円キャッシュバックも!

(今日の一言)豪ドル円は38円へ

2018年12月26日 23:50

コラム

 素っ頓狂な予想ですが、ありえなくもないと思ってます。他のサイトには出せないので、自分の一言で書いておきます。現状、豪ドルドル0.7050、ドル円110.55で77.95円前後です。これがどう変化したら38円になるのか? おそらく豪ドルドルがかなり下落するのではないでしょうか。インフレ率が比較的高い豪ドルは、現在の0.7050でも、かなり割安です。おそらく、豪ドルドル0.42とドル円90円ぐらいの組み合わせで38円ぐらいになります。

 そうなるためには、豪経済が「瀕死の重傷」にならないといけないのですが、住宅バブルが爆発し、銀行が不良債権に苦しむようになると、ありえます。いわゆる、豪ドルのDoomsday シナリオです。そして、同時にドル円の水準調整です。

 また、単純に、豪ドル円のチャートを見ると、72円で何度か止まっています。2013年の高値が106円近いので、72円割れでヘッドアンドショルダー、ターゲットが(106-72)=34 、 72-34=38 となります。まあ、あまり真剣に受け止められても困るのですが、チャートを見ながら、時々想像力を膨らませるのも楽しいものです。

<FXトレーダー必見!志摩力男が2019年の為替相場を斬る!特別レポート>
 現在、志摩力男公式サイトではセントラル短資FXさんとのコラボ企画「2019年の為替はどうなる?志摩力男特別レポート」プレゼントキャンペーンを実施中!さらに、今だけ最大300,000円のキャッシュバックも!

画像は制作途中のものです

◆志摩力男レポート概要
2019年の為替相場
「After Trump Sugar High景気後退に備えよ」
1)成長はまだ続くのか? 2019年のアメリカ経済
2)ドル円はレンジブレイクする?
3)イタリア、ブレクジットの影響を受けたユーロの行く末
4)米中貿易戦争が豪ドル・NZドルに与える影響とは?
5)高金利通貨メキシコペソの今後
※一部章タイトルは変更となる可能性がございます

 米中貿易戦争によって各通貨ペアの強弱はどうなるのか、この状況でドルとユーロはどちらが上がるか、メキシコペソ、トルコリラなどの高金利通貨で狙い目なのはこの通貨…などなど、FXトレーダーの方々が投資戦略をたてる上で参考になるよう、具体的な記述を心がけています。

 レポートプレゼント条件は、キャンペーン期間中に志摩力男公式サイトからセントラル短資FXさんの口座を開設するだけ。口座開設の所要時間は最短5分、スマホだけでOKです。お申込みは1/31まで。この機会に、ぜひセントラル短資FXさんの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのおすすめポイント>
待望の新通貨メキシコペソ/円取扱いスタート!スプレッド0.5銭
①12年連続格付け取得。抜群の信頼感
②米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
③短期売買に最適なスピード注文
④メキシコペソ、トルコリラなど高金利通貨に強い
今だけ!新規口座開設で最大300,000円キャッシュバックも!

1/19(土)開催 マネックス証券主催全国投資セミナーin大阪登壇

2018年12月25日 18:30

お知らせ

1/19(土)開催のマネックス証券主催 全国投資セミナーin大阪に登壇します。マネックス証券に口座をお持ちの方、ぜひ!詳細は下記ページをご参照ください。
https://mst.monex.co.jp/pc/servlet/ITS/seminar/RealSeminarGST?sno=363

(今日の一言)合衆国憲法修正第25条第4節

2018年12月25日 18:00

コラム

 最近のトランプ大統領の言動は、看過できないところまで来ている感じがします。マティス国防長官が2月28日付けで辞任すると発表すると、1月1日に修正して解任しました。次にパウエルFRB議長解任騒動。中央銀行の独立性がなぜ大切なのか、トランプ大統領に説明してもわからないのでしょう。そして、今度はパウエル議長を守ったムニューシン財務長官を解任しようとしています。ケリー前大統領首席補佐官の後任がなかなか決まらなかった時、ムニューシン財務長官が就任するのではないかとの観測もありました。それだけ、ムニューシン財務長官はトランプ大統領の、ある意味「お気に入り」だったのでしょうが、もう罷免リスト入です。時間の問題かもしれません。

 今は戦時ではないので、トランプ大統領でも回ってましたし、過去2年ぐらいは予想以上にうまく行っていましたが、次の2年はとんでもないことになりそうです。そうなると「合衆国憲法修正第25条第4節」が気になってきます。合法的な、大統領罷免措置です。閣僚の過半数で一時的に罷免できますが、米両院で2/3以上という高いハードルで罷免を可決できないと、復職します。よって、修正第25条を発動する時は、共和党と民主党の間で話が付いてないといけませんが、その可能性も十分高まってるのではないでしょうか。ペンス副大統領の大統領就任を待っている人は多いような気がします。

<FXトレーダー必見!志摩力男が2019年の為替相場を斬る!特別レポート>
 現在、志摩力男公式サイトではセントラル短資FXさんとのコラボ企画「2019年の為替はどうなる?志摩力男特別レポート」プレゼントキャンペーンを実施中!さらに、今だけ最大300,000円のキャッシュバックも!

画像は制作途中のものです

◆志摩力男レポート概要
2019年の為替相場
「After Trump Sugar High景気後退に備えよ」
1)成長はまだ続くのか? 2019年のアメリカ経済
2)ドル円はレンジブレイクする?
3)イタリア、ブレクジットの影響を受けたユーロの行く末
4)米中貿易戦争が豪ドル・NZドルに与える影響とは?
5)高金利通貨メキシコペソの今後
※一部章タイトルは変更となる可能性がございます

 米中貿易戦争によって各通貨ペアの強弱はどうなるのか、この状況でドルとユーロはどちらが上がるか、メキシコペソ、トルコリラなどの高金利通貨で狙い目なのはこの通貨…などなど、FXトレーダーの方々が投資戦略をたてる上で参考になるよう、具体的な記述を心がけています。

 レポートプレゼント条件は、キャンペーン期間中に志摩力男公式サイトからセントラル短資FXさんの口座を開設するだけ。口座開設の所要時間は最短5分、スマホだけでOKです。お申込みは1/31まで。この機会に、ぜひセントラル短資FXさんの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのおすすめポイント>
待望の新通貨メキシコペソ/円取扱いスタート!スプレッド0.5銭
①12年連続格付け取得。抜群の信頼感
②米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
③短期売買に最適なスピード注文
④メキシコペソ、トルコリラなど高金利通貨に強い
今だけ!新規口座開設で最大300,000円キャッシュバックも!

(今日の一言)白川前日銀総裁の相場観

2018年12月21日 20:30

コラム

 白川前日銀総裁が上梓された「中央銀行」が話題です。本は買いましたし、サラッと内容にも目を通しましたが、800ページ近い大部であり、まだ積んどく状態です。しかし、いつか時間を作って正座して読みたいと思います。

 アマゾンの書評を見ると、極めて高い評価と、正反対の低い評価の両極端です。中央銀行総裁としてやるべきことをしなかった。。。というのが低評価の理由ですが、安倍首相と後任の黒田総裁による超金融緩和政策があまりにも「華やか」だったので、現時点でそういう評価になるのも致し方ない面もあります。ただ、中央銀行総裁の仕事は歴史の中でしか評価は確定しないでしょう。

 金融緩和による景気刺激は需要の前借りであり、効果には限界がある。日本の問題は金融政策では解決できない政治の問題、というのが白川総裁の考えですが、基本的に正しいと思います。しかし、政治が機能しないのだから、中央銀行が矩をこえて、蛮勇を奮ってリスクを採るべきというのが黒田総裁の考えです。究極的には間違っていると思いますが、時と場合によって採らざるを得ない場面もあるのでしょう。今がなければ未来もないのですから。

 白川前総裁がこのタイミングで著書を出されたというのは、いろいろと考えさせられます。本の執筆には時間がかかります。たまたま出版された時、アベノミクスのおかげで日本は復活した!という状況だったら、誰もが唾棄する異教の本となります。よって、そうはなってないという「相場観」がなければ、なかなか出せません。日本が景気後退に陥り、アベノミクスが機能不全となり、中央銀行が取った過大なリスクが社会問題になっている、あまり想像したくはないのですが、出版後にそうなるのが著書にとっては「ベスト」です。

 白川氏の相場観は、はたしてどうなのか、相場に変調が見える中、興味深く感じます。

<FXトレーダー必見!志摩力男が2019年の為替相場を斬る!特別レポート>
 現在、志摩力男公式サイトではセントラル短資FXさんとのコラボ企画「2019年の為替はどうなる?志摩力男特別レポート」プレゼントキャンペーンを実施中!さらに、今だけ最大300,000円のキャッシュバックも!

画像は制作途中のものです

◆志摩力男レポート概要
2019年の為替相場
「After Trump Sugar High景気後退に備えよ」
1)成長はまだ続くのか? 2019年のアメリカ経済
2)ドル円はレンジブレイクする?
3)イタリア、ブレクジットの影響を受けたユーロの行く末
4)米中貿易戦争が豪ドル・NZドルに与える影響とは?
5)高金利通貨メキシコペソの今後
※一部章タイトルは変更となる可能性がございます

 米中貿易戦争によって各通貨ペアの強弱はどうなるのか、この状況でドルとユーロはどちらが上がるか、メキシコペソ、トルコリラなどの高金利通貨で狙い目なのはこの通貨…などなど、FXトレーダーの方々が投資戦略をたてる上で参考になるよう、具体的な記述を心がけています。

 レポートプレゼント条件は、キャンペーン期間中に志摩力男公式サイトからセントラル短資FXさんの口座を開設するだけ。口座開設の所要時間は最短5分、スマホだけでOKです。お申込みは1/31まで。この機会に、ぜひセントラル短資FXさんの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのおすすめポイント>
待望の新通貨メキシコペソ/円取扱いスタート!スプレッド0.5銭
①12年連続格付け取得。抜群の信頼感
②米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
③短期売買に最適なスピード注文
④メキシコペソ、トルコリラなど高金利通貨に強い
今だけ!新規口座開設で最大300,000円キャッシュバックも!

(今日の一言)当たり屋に付け、曲がり屋に向かえ

2018年12月20日 18:30

コラム

 有名な相場の格言です。投資やトレードは「よく当たる人の真似をして、失敗する人の逆をしろ」という、身も蓋もない言葉です。でも、真実です。「債券王」ジェフリー・ガンドラック氏の相場予想をみんな聞きたがるのは、彼がやはり良くあたるからです。

 一代でソフトバンク帝国を築き上げた孫正義氏は、やはり稀に見る経営者と言ってよいのでしょうが、最近は「投資家」としての側面が強くなっています。Yahooやアリババを見つけ出して投資したのはすごいことです。では、その凄腕投資家孫正義氏が売る株を買うというのは正しい行為なのでしょうか? 

 昨日のソフトバンクの上場は、やっぱり「当たり屋」に向かっちゃだめだなと再確認させられました。

<FXトレーダー必見!志摩力男が2019年の為替相場を斬る!特別レポート>
 現在、志摩力男公式サイトではセントラル短資FXさんとのコラボ企画「2019年の為替はどうなる?志摩力男特別レポート」プレゼントキャンペーンを実施中!さらに、今だけ最大300,000円のキャッシュバックも!

画像は制作途中のものです

◆志摩力男レポート概要
2019年の為替相場
「After Trump Sugar High景気後退に備えよ」
1)成長はまだ続くのか? 2019年のアメリカ経済
2)ドル円はレンジブレイクする?
3)イタリア、ブレクジットの影響を受けたユーロの行く末
4)米中貿易戦争が豪ドル・NZドルに与える影響とは?
5)高金利通貨メキシコペソの今後
※一部章タイトルは変更となる可能性がございます

 米中貿易戦争によって各通貨ペアの強弱はどうなるのか、この状況でドルとユーロはどちらが上がるか、メキシコペソ、トルコリラなどの高金利通貨で狙い目なのはこの通貨…などなど、FXトレーダーの方々が投資戦略をたてる上で参考になるよう、具体的な記述を心がけています。

 レポートプレゼント条件は、キャンペーン期間中に志摩力男公式サイトからセントラル短資FXさんの口座を開設するだけ。口座開設の所要時間は最短5分、スマホだけでOKです。お申込みは1/31まで。この機会に、ぜひセントラル短資FXさんの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのおすすめポイント>
待望の新通貨メキシコペソ/円取扱いスタート!スプレッド0.5銭
①12年連続格付け取得。抜群の信頼感
②米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
③短期売買に最適なスピード注文
④メキシコペソ、トルコリラなど高金利通貨に強い
今だけ!新規口座開設で最大300,000円キャッシュバックも!

(今日の一言)パッシブ・インベストメント

2018年12月19日 17:30

コラム

 一昨日、CNBCにおいて「新債券王」ダブルラインキャピタルのジェフリー・ガンドラック氏のインタビューがありました。なんと1時間を超える長時間のインタビュー、さすが「新債券王」です。これまで彼の見方でよく理解できなかったところも、スッキリしました。

 彼は、債券トレーダーとしては本当に珍しく、チャートトレーダーです(アービトラージ系の債券トレーダーはチャートの話など一切しません。そもそも、チャート分析は訳のわからないVoodoo教みたいな扱いで、下手に投資銀行等でチャートの話などすると、知的に遅れた可愛そうな人扱いをされるので注意です)。ただ、チャートと言っても見方はシンプルです。何か凝った見方はしません。過去のレジスタンスであった金利水準を抜けたから、次はここうなるぐらいの感覚です。後は、彼のマクロ的全体観です。ある意味、普通のマクロトレーダーです。

 こうしたスタイルのトレーダーは、自分の主観を語るので、良い時はいいのですが、調子が悪くなると外しまくることになります。ただ、彼は何故か素晴らしい予測が続きます。神のお告げか、タイムマシンを持っているのか、時々厳しいときもありますが、大概当たります。だからこそ、CNBCも1時間以上彼のインタビューを流すのでしょう。

 この中で印象的だったのは、投資のパッシブ化への警告です。「株式のパッシブ・インベストメント・ファンドには投資するな」と強く警告してました。

 現在はアクティブトレーダー不遇の時代です。考えに考えて、積極的にリスクを取りに行っても、間違えると簡単に首になります。「猿のほうがマシ」みたいな本や研究結果もたくさん出てます。よって、何も考えずにインデックス投資が一番みたいな話になります。パッシブ化はそれだけに限らず、トレーディングもAI、最近は完全にブラックボックス化して、自分の好みをスマホのアプリに打ち込めば投資してくれる、そうした流れになっています。

 そのようなブラックボックス化したものは、どこでどのように売買されて、損得が出ているのか全くわかりません。誰にも訴えられません。日本でもバブル崩壊の時、株価が半分になりましたが、金融商品によっては残金が2割になっていて、半分は残っているはずなのにおかしいと怒っている人がよくいました。要は、抜かれたわけです。今の、投資を簡単にシンプルにという流れは、危険すぎると思います。

<FXトレーダー必見!志摩力男が2019年の為替相場を斬る!特別レポート>
 現在、志摩力男公式サイトではセントラル短資FXさんとのコラボ企画「2019年の為替はどうなる?志摩力男特別レポート」プレゼントキャンペーンを実施中!さらに、今だけ最大300,000円のキャッシュバックも!

画像は制作途中のものです

◆志摩力男レポート概要
2019年の為替相場
「After Trump Sugar High景気後退に備えよ」
1)成長はまだ続くのか? 2019年のアメリカ経済
2)ドル円はレンジブレイクする?
3)イタリア、ブレクジットの影響を受けたユーロの行く末
4)米中貿易戦争が豪ドル・NZドルに与える影響とは?
5)高金利通貨メキシコペソの今後
※一部章タイトルは変更となる可能性がございます

 米中貿易戦争によって各通貨ペアの強弱はどうなるのか、この状況でドルとユーロはどちらが上がるか、メキシコペソ、トルコリラなどの高金利通貨で狙い目なのはこの通貨…などなど、FXトレーダーの方々が投資戦略をたてる上で参考になるよう、具体的な記述を心がけています。

 レポートプレゼント条件は、キャンペーン期間中に志摩力男公式サイトからセントラル短資FXさんの口座を開設するだけ。口座開設の所要時間は最短5分、スマホだけでOKです。お申込みは1/31まで。この機会に、ぜひセントラル短資FXさんの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのおすすめポイント>
待望の新通貨メキシコペソ/円取扱いスタート!スプレッド0.5銭
①12年連続格付け取得。抜群の信頼感
②米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
③短期売買に最適なスピード注文
④メキシコペソ、トルコリラなど高金利通貨に強い
今だけ!新規口座開設で最大300,000円キャッシュバックも!

(今日の一言)浅川財務官:日本の輸出量と為替レート、いまやリンクが切れた

2018年12月18日 22:00

コラム

 浅川財務官は安倍首相の経済政策、アベノミクスに欠かせない人です。通常、財務官の職は2年で交代ですが、浅川財務官は異例の4年目に入ってます。浅川氏が如何に重要な人物なのか、それだけでもわかります。

 財務官はIMFが都内で開いたイベントで「アベノミクスの開始を受けて円は対ドルで大幅下落したものの、日本の輸出量にはそれほど変化は生じていない」「日本の製造業による生産拠点の海外移転が、為替レートと日本の輸出量とのリンクが切れた一因かもしれない」「日本の輸出構造が一段と高付加価値製品に移行しつつあることがもう1つの要因かもしれない」と発言しました。

 円安がアベノミクスの大きな柱でしたが、もうこれ以上の円安は必要ない、円安の景気刺激効果はなくなったと言っているようにも聞こえます。かつて安倍首相のブレーンの一人である浜田内閣官房参与は「日本銀行がエルピーダをつぶした」と言いましたが、円安になっても日本の半導体産業は衰退しています。つまり、エルピーダを潰したのは、日銀でも円高でもなかったわけです。

 本日の浅川財務官の発言は重要な政策転換を示唆しているように感じます。

<FXトレーダー必見!志摩力男が2019年の為替相場を斬る!特別レポート>
 現在、志摩力男公式サイトではセントラル短資FXさんとのコラボ企画「2019年の為替はどうなる?志摩力男特別レポート」プレゼントキャンペーンを実施中!さらに、今だけ最大300,000円のキャッシュバックも!

画像は制作途中のものです

◆志摩力男レポート概要
2019年の為替相場
「After Trump Sugar High景気後退に備えよ」
1)成長はまだ続くのか? 2019年のアメリカ経済
2)ドル円はレンジブレイクする?
3)イタリア、ブレクジットの影響を受けたユーロの行く末
4)米中貿易戦争が豪ドル・NZドルに与える影響とは?
5)高金利通貨メキシコペソの今後
※一部章タイトルは変更となる可能性がございます

 米中貿易戦争によって各通貨ペアの強弱はどうなるのか、この状況でドルとユーロはどちらが上がるか、メキシコペソ、トルコリラなどの高金利通貨で狙い目なのはこの通貨…などなど、FXトレーダーの方々が投資戦略をたてる上で参考になるよう、具体的な記述を心がけています。

 レポートプレゼント条件は、キャンペーン期間中に志摩力男公式サイトからセントラル短資FXさんの口座を開設するだけ。口座開設の所要時間は最短5分、スマホだけでOKです。お申込みは1/31まで。この機会に、ぜひセントラル短資FXさんの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのおすすめポイント>
待望の新通貨メキシコペソ/円取扱いスタート!スプレッド0.5銭
①12年連続格付け取得。抜群の信頼感
②米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
③短期売買に最適なスピード注文
④メキシコペソ、トルコリラなど高金利通貨に強い
今だけ!新規口座開設で最大300,000円キャッシュバックも!

(今日の一言)ココイチ・ロンドン、ベジタブルカレー2000円!

2018年12月17日 14:05

コラム

 CoCo壱番屋がロンドンに支店をオープンしました。私も香港にいるときは、尖沙咀(Tsim Sha Tsui、チム・シャー・ツィ)にあるココイチを利用させてもらいました。値段は日本とほぼ同じ、気持ち高いぐらいだったでしょうか。

 ところが、ココイチ・ロンドンのFacebookの写真を見ると、ベジタブルカレーが14.5ポンドと出ています。1ポンド143円で計算して2073円です。日本では710円ということを考えると、約3倍の値段です。ロンドンでは珍しい日式カレーと考えれば、少々高くても良いのでしょうが、ロンドンではランチが2-3000円ぐらいという相場に合わせてもいるのでしょう(香港はそれほど高くなかった)。

 購買力平価的に考えると、1ポンド=48円ということになります。現状143円ですから、円が如何に安いか、ということでしょう。ポンドはブレクジットの騒動で、かなり売られましたが、それでもこれだけ購買力の差があります。

 前回の「一言」では、円高予想が多いけど、どうかな~と書きましたが、購買力平価に収斂するとなると、当然円高になります。来年は円高なのか、円安なのか、気になりますね。
<FXトレーダー必見!志摩力男が2019年の為替相場を斬る!特別レポート>
 現在、志摩力男公式サイトではセントラル短資FXさんとのコラボ企画「2019年の為替はどうなる?志摩力男特別レポート」プレゼントキャンペーンを実施中!さらに、今だけ最大300,000円のキャッシュバックも!

画像は制作途中のものです

◆志摩力男レポート概要
2019年の為替相場
「After Trump Sugar High景気後退に備えよ」
1)成長はまだ続くのか? 2019年のアメリカ経済
2)ドル円はレンジブレイクする?
3)イタリア、ブレクジットの影響を受けたユーロの行く末
4)米中貿易戦争が豪ドル・NZドルに与える影響とは?
5)高金利通貨メキシコペソの今後
※一部章タイトルは変更となる可能性がございます

 米中貿易戦争によって各通貨ペアの強弱はどうなるのか、この状況でドルとユーロはどちらが上がるか、メキシコペソ、トルコリラなどの高金利通貨で狙い目なのはこの通貨…などなど、FXトレーダーの方々が投資戦略をたてる上で参考になるよう、具体的な記述を心がけています。

 レポートプレゼント条件は、キャンペーン期間中に志摩力男公式サイトからセントラル短資FXさんの口座を開設するだけ。口座開設の所要時間は最短5分、スマホだけでOKです。お申込みは1/31まで。この機会に、ぜひセントラル短資FXさんの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのおすすめポイント>
待望の新通貨メキシコペソ/円取扱いスタート!スプレッド0.5銭
①12年連続格付け取得。抜群の信頼感
②米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
③短期売買に最適なスピード注文
④メキシコペソ、トルコリラなど高金利通貨に強い
今だけ!新規口座開設で最大300,000円キャッシュバックも!

マネックス証券「週間為替展望」更新、今週は”混迷するブレクジット”です

2018年12月17日 13:50

お知らせ

マネックス証券にて毎週月曜日更新の動画「週間為替展望」がUPされました。今回のテーマは「混迷するブレクジット」です。動画は下記ページよりご覧ください。

◆マネックス証券:志摩力男の週間為替展望
https://info.monex.co.jp/fx/fx-plus/seminar/weekly.html マネックス証券動画

(今日の一言)おめでとう、ドラギ総裁

2018年12月14日 13:30

コラム

 昨日行われた理事会において、ECBは量的緩和政策を終了しました。中央銀行総裁であるならば、自ら始めた政策の「尻拭い」はしたいもの。それができて初めて「名総裁」です。バーナンキ氏は任期終了間際に、量的緩和政策の縮小(テーパリング)を決定しました。イエレン議長はテーパリングから、初の利上げ、そしてバランスシート縮小まで進めました。そしてドラギ総裁は、量的緩和政策で欧州危機を救い、今その政策の正常化に成功しました。おごりのある人とは思いませんが、自分が欧州を救ったという思いは、心の何処かにあるのではないでしょうか。セントラルバンカー冥利に尽きると思います。

 一方、我が日本ですが、政策の正常化は見えません。もし仮に円安に行った場合、それに合わせて「正常化」する可能性はあるでしょうが、あくまで「円安」の条件付きです。為替レートがどこにあっても正常化して行った米国や欧州とは違います。ファンダメンタルズが悪いと言えばそれまでですが、なんとかならないかと思います。あくまで景気刺激のための一時的手段であったはずですが、終わりがない以上、量的緩和政策=国債買い支え=財政ファイナンスそのものが、やはり真の目的なのかもしれません。

 来年は、米経済のスローダウンが予想されるので、円高警戒との予想が多いのですが、あまりピンときません。米欧が金融正常化しても、日本はいつまでも量的緩和政策を続けるとするならば、いつか悪い円安がやってくることになります。

<FXトレーダー必見!志摩力男が2019年の為替相場を斬る!特別レポート>
 現在、志摩力男公式サイトではセントラル短資FXさんとのコラボ企画「2019年の為替はどうなる?志摩力男特別レポート」プレゼントキャンペーンを実施中!さらに、今だけ最大300,000円のキャッシュバックも!

画像は制作途中のものです

◆志摩力男レポート概要
2019年の為替相場
「After Trump Sugar High景気後退に備えよ」
1)成長はまだ続くのか? 2019年のアメリカ経済
2)ドル円はレンジブレイクする?
3)イタリア、ブレクジットの影響を受けたユーロの行く末
4)米中貿易戦争が豪ドル・NZドルに与える影響とは?
5)高金利通貨メキシコペソの今後
※一部章タイトルは変更となる可能性がございます

 米中貿易戦争によって各通貨ペアの強弱はどうなるのか、この状況でドルとユーロはどちらが上がるか、メキシコペソ、トルコリラなどの高金利通貨で狙い目なのはこの通貨…などなど、FXトレーダーの方々が投資戦略をたてる上で参考になるよう、具体的な記述を心がけています。

 レポートプレゼント条件は、キャンペーン期間中に志摩力男公式サイトからセントラル短資FXさんの口座を開設するだけ。口座開設の所要時間は最短5分、スマホだけでOKです。お申込みは1/31まで。この機会に、ぜひセントラル短資FXさんの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのおすすめポイント>
待望の新通貨メキシコペソ/円取扱いスタート!スプレッド0.5銭
①12年連続格付け取得。抜群の信頼感
②米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
③短期売買に最適なスピード注文
④メキシコペソ、トルコリラなど高金利通貨に強い
今だけ!新規口座開設で最大300,000円キャッシュバックも!

外為どっとコムにて「外為マーケットレビュー」のコンテンツが更新されました

2018年12月14日 10:20

お知らせ

 外為どっとコムにて毎週金曜日に更新しているコンテンツ「外為マーケットレビュー」がUPされました。下記ページよりご覧ください。

◆外為どっとコム:【外為マーケットビュー】 「力説!トレードシナリオ」
http://tv.gaitame.com/g_player/GaitamePlayer.html

(今日の一言)メイ首相、不信任投票を乗り切るが、状況は何も変わっていない

2018年12月13日 20:10

コラム

 昨日、突然行われたメイ首相に対する不信任決議ですが、200対117でメイ首相を信任するとの結果となりました。2022年の総選挙の際は党首とならないと任期を区切ったことが、支持を食い止めたと言えるでしょう。しかし、状況は何も変わっていません。EUサイドがアイルランドのバックストップに関して妥協してくれるのであれば、EU離脱案が下院を通過する可能性はあるかもしれません。しかし、EU側は一切妥協しないと言っています。

 「合意なき離脱」はあまりにも危険すぎるので、避けたいと思っている議員は多いでしょう。しかし、EU離脱法案に反対する議員は両サイドいます。ハードブレクジット派と残留派です。しかも労働党は賛成には回らないでしょう。要は下院の過半数の支持を得られる「案」は何もないのです。メイ首相は、「合意なき離脱」は選択できないのだから、最終的には離脱法案を賛成せざるを得ないはずと考えているでしょうが、ハード離脱派数十名は喜んで「合意なき離脱」を選択します。

 唯一、展望が開けるとすれば、EU側が北アイルランドに関するバックストップ条項で妥協した場合でしょう。しかし、それも容易ではないでしょう。

<FXトレーダー必見!志摩力男が2019年の為替相場を斬る!特別レポート>
 現在、志摩力男公式サイトではセントラル短資FXさんとのコラボ企画「2019年の為替はどうなる?志摩力男特別レポート」プレゼントキャンペーンを実施中!さらに、今だけ最大300,000円のキャッシュバックも!

画像は制作途中のものです

◆志摩力男レポート概要
2019年の為替相場
「After Trump Sugar High景気後退に備えよ」
1)成長はまだ続くのか? 2019年のアメリカ経済
2)ドル円はレンジブレイクする?
3)イタリア、ブレクジットの影響を受けたユーロの行く末
4)米中貿易戦争が豪ドル・NZドルに与える影響とは?
5)高金利通貨メキシコペソの今後
※一部章タイトルは変更となる可能性がございます

 米中貿易戦争によって各通貨ペアの強弱はどうなるのか、この状況でドルとユーロはどちらが上がるか、メキシコペソ、トルコリラなどの高金利通貨で狙い目なのはこの通貨…などなど、FXトレーダーの方々が投資戦略をたてる上で参考になるよう、具体的な記述を心がけています。

 レポートプレゼント条件は、キャンペーン期間中に志摩力男公式サイトからセントラル短資FXさんの口座を開設するだけ。口座開設の所要時間は最短5分、スマホだけでOKです。お申込みは1/31まで。この機会に、ぜひセントラル短資FXさんの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのおすすめポイント>
待望の新通貨メキシコペソ/円取扱いスタート!スプレッド0.5銭
①12年連続格付け取得。抜群の信頼感
②米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
③短期売買に最適なスピード注文
④メキシコペソ、トルコリラなど高金利通貨に強い
今だけ!新規口座開設で最大300,000円キャッシュバックも!

本日(12月13日)日経CNBC「夜エクスプレス」に電話インタビューで出演します。

2018年12月13日 18:40

お知らせ

12月13日、21時~22時、日経CNBC「夜エクスプレス」に電話インタビューで出演します。お相手は、うちだまさみさんです。21時半頃になると思います。

夜エクスプレス

(今日の一言)高まってきた「合意なき離脱」の可能性

2018年12月12日 18:00

コラム

 メイ首相が下院通過の見込みが立たないとして、EU離脱法案の採決を見送りました。そしてその後、欧州に飛んでユンケル委員長やメルケル氏と会いましたが、今更、離脱の条件を変えることができるはずもありません。メイ首相は何をしに行ったのでしょうか。仕事しているポーズでしょうか。

 メイ首相がこの歴史的場面で英国のリーダーだったことは不幸でした。EUとまとめた離脱案が、誰も了承できない内容であることは、最初からわかってたこと。無駄に時間を費やしたと言えます。

 メイ首相は、「EU離脱法案」か「合意なき離脱」という二者択一の状況を無理やり作り出しているようです。そうすれば、反対派も渋々政府側のEU離脱法案を選択すると。すごい賭けになります。だが、無理やり対立の構図に持っていくのはどうでしょう。将来後悔しそうな気がします。

<FXトレーダー必見!志摩力男が2019年の為替相場を斬る!特別レポート>
 現在、志摩力男公式サイトではセントラル短資FXさんとのコラボ企画「2019年の為替はどうなる?志摩力男特別レポート」プレゼントキャンペーンを実施中!さらに、今だけ最大300,000円のキャッシュバックも!

画像は制作途中のものです

◆志摩力男レポート概要
2019年の為替相場
「After Trump Sugar High景気後退に備えよ」
1)成長はまだ続くのか? 2019年のアメリカ経済
2)ドル円はレンジブレイクする?
3)イタリア、ブレクジットの影響を受けたユーロの行く末
4)米中貿易戦争が豪ドル・NZドルに与える影響とは?
5)高金利通貨メキシコペソの今後
※一部章タイトルは変更となる可能性がございます

 米中貿易戦争によって各通貨ペアの強弱はどうなるのか、この状況でドルとユーロはどちらが上がるか、メキシコペソ、トルコリラなどの高金利通貨で狙い目なのはこの通貨…などなど、FXトレーダーの方々が投資戦略をたてる上で参考になるよう、具体的な記述を心がけています。

 レポートプレゼント条件は、キャンペーン期間中に志摩力男公式サイトからセントラル短資FXさんの口座を開設するだけ。口座開設の所要時間は最短5分、スマホだけでOKです。お申込みは1/31まで。この機会に、ぜひセントラル短資FXさんの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのおすすめポイント>
待望の新通貨メキシコペソ/円取扱いスタート!スプレッド0.5銭
①12年連続格付け取得。抜群の信頼感
②米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
③短期売買に最適なスピード注文
④メキシコペソ、トルコリラなど高金利通貨に強い
今だけ!新規口座開設で最大300,000円キャッシュバックも!

志摩力男限定レポート

▼ゴゴジャンからのメルマガお申込みはコチラ▼

志摩力男メルマガ
M2J

マネックス証券に新規口座開設すると、
有料メルマガが1か月無料

マネックス証券
メルマガキャンペーンの
詳細はコチラ