志摩力男トップテキスト
コラム

コラム・ニュース

(今日の一言)驚異的なファーウェイ新製品群

2019年2月27日 14:00

コラム

 このところ話題のファーウェイですが、先日バルセロナで行われている、モバイル業界世界最大のイベント「MWC19」において新製品群を発表しました。かつてはパソコンやモバイル機器に結構興味があったのですが、最近は関心の外でした。しかし米中貿易戦争が覇権戦争へとシフトする中、中国の技術力が我々の生活にも大きな影響を及ぼすようになっています。一体どこまで技術力が伸びているのか、興味津々、ネットの情報をチェックしてみました。

 結果は衝撃的です。ファーウェイの技術力は想像を遥かに超えて進んでいる、そう認めざるを得ないと思いました。ファーウェイも先日のサムスン同様、折りたたみ式携帯を発表しましたが、これはなんとも評価し難い。携帯電話を広げてタブレットにする意味があるのか、少々疑問でしたが、技術力のアピールには良かったでしょう。

 驚くのは中のKirinというCPU、コストパフォーマンスの飛び抜けた5Gチップです。クアルコム製よりも高パフォーマンス出しています。日本がIT業界を支配したように見えたときが、かつてありましたが、そのときでもメモリーやハードディスク、周辺機器であって、心臓部のCPUに関してはインテルが独走してました。そこは、手を出してもかなわないと諦めていたのでしょう。ところが、ファーウェイは自社で開発、製造(これはTSMCですが、やろうと思えば自社で作れるでしょう)しています。ある日突然、米国がクアルコムのCPU輸出をストップしても、影響受けません。ノートパソコンも魅力的な製品でした。スマホとクリップボードをシェアできるのは良いアイデアと思いました。

 いつの間にこれほどの技術力がついたのでしょうか。これだけ製品が良いと、使わないわけには行きませんし、使わないとこちらが遅れてしまいます。どう表現してよいのかわかりませんが、サーキットで抜きつ抜かれつのレースしていたが微差でかわされたという感じではなく、高速道路をかなりのスピードでクルージングしていたが、200キロ超で走る正体不明の大排気量車に突然追い抜かれた感じです。

 ITでは、しばらく中国に追いつくのは無理でしょう。離されないようについていくしかありませんが、彼らの開発スピードは驚異的です。「中国製造2025」という言葉がよく使われますが、2025年になる前に目標は実現するのではないでしょうか。

※まぐまぐ無料メルマガでも「志摩力男の今日の一言」をほぼ毎日配信中! 無料登録は下記欄にメールアドレスを入れ、「送信」を押してください
メルマガ購読・解除
読者購読規約
 

マネックス証券「週間為替展望」更新されました。

2019年2月25日 19:50

お知らせ

マネックス証券にて毎週月曜日更新の動画「週間為替展望」がUPされました。今週は「米中貿易交渉終了近し、市場はリスクオンムード」です。下記ページよりご覧ください。

◆マネックス証券:志摩力男の週間為替展望
https://info.monex.co.jp/fx/fx-plus/seminar/weekly.html マネックス証券動画

(今日の一言)鬼怒鳴門(ドナルド・キーン)氏

2019年2月25日 19:40

コラム

 先週のドル円レンジはわずか56銭。ドル円だけトレードしていると「参った!」という感じですが、動かない相場の次は、大きな動き、大きな動きのあとには、膠着相場と、交互にやってきます。次の大きな相場が、すぐそこまで来ていると思えば、我慢して付き合えます。また、こうした極端に動かない相場は次の動きの「ヒント」になります。大概は天底のときですが、相場の途中というときもあります。

 日本文学研究者であるドナルド・キーン氏が亡くなられました。東北の大震災の後、日本移住を決められましたが、88歳で移住されるという行動力には、ただただ凄いと思うだけです。高校生の時、英語が大変不得意で、当時かぶれていた太宰治を英語で読みたいと思い、県内で最も大きな本屋さんに行きました。そこには、キーンさんの翻訳がたくさん並んでいたのですが、「斜陽」が”The Setting sun”というのは、まあそうだなと思いましたが、「人間失格」が”No longer Human”と訳されていたことは、軽くショックを受けました。ちょっとニュアンスが違うんじゃないかなと。だからと言って、和英辞典にあるような”disqualified”なんておかしいし、どう訳せばいいのだろうかと、しばらく悩んだことを覚えています。今、アマゾンを見ると、新しい訳で”a shameful life”という本を見つけました。直訳ではないですが、これはぴったりですね。

※まぐまぐ無料メルマガでも「志摩力男の今日の一言」をほぼ毎日配信中! 無料登録は下記欄にメールアドレスを入れ、「送信」を押してください
メルマガ購読・解除
読者購読規約
 

(今日の一言)ブレクジット最終コーナー

2019年2月21日 10:47

コラム

 最近、ユーロドルが上昇してきています。本日も悪い経済指標が出ても落ちません。なぜでしょうか。

 それは、ユーロドルをトレードする人たちも「ブレクジット」が終わるのを待っているからです。ブレクジットがどの様に決着を迎えるのか、手に汗握る展開になっています。確かに手に汗握りますが、そう見えるだけだと思います。私は、ほぼ9割方決着がついている問題だと思います。

 ブレクジットの結果によって、ポンドドルは最悪1.00のパリティ挑戦ともなりますし、良ければ1.40や、ことと次第では1.50に戻るという予想もあります。この50%もの開きは相当であり、ポンドドルがこれだけ動くと、ユーロドルも当然影響を受けます。だから、ユーロドルの下攻めもできない。

 向こう1週間から、3月後半までにかけて山場を迎えますが、意外に早く結論が出る可能性もあります。最近のポンドの動き、EU側からの働きかけ、様々なヒントが出ています。

 為替マーケットに動きが乏しいと言われていますが、今年前半の最大の山場です。このブレクジット相場、絶対に収益につなげたいところです。

※まぐまぐ無料メルマガでも「志摩力男の今日の一言」をほぼ毎日配信中! 無料登録は下記欄にメールアドレスを入れ、「送信」を押してください
メルマガ購読・解除
読者購読規約
 

(今日の一言)低ボラティリティとフラッシュ・クラッシュ

2019年2月20日 19:30

コラム

 年初から「フラッシュ・クラッシュ」と、大荒れのスタートだった為替市場だが、徐々に動きがなくなり、いつの間にかいつも通りの「低ボラティリティ」相場に戻ってしましました。ドル円の1週間ものの変動率は5%台、1ヶ月も6%を割り込んでいます。

 今は、低い変動率とフラッシュ・クラッシュが共存する市場です。明らかに、売買のコンピューター化の影響です。オンラインで誰でも簡単に売買に参加できるようになったこと、コンピューター自身もマーケットの上下に売買のオーダーをおいて、買い下がり、売り上がりの自動売買をしています。そのため、通常マーケットはあまりにも厚く、簡単に動かせなくなってしまいました。しかし、いったん市場が薄くなり、リテールの強制ストップロスが入るレベルになると、一瞬にして市場が飛んでしまいます。

 明らかに昔とは違うマーケットですが、しょうがありません。慣れるしかないですし、こうした現代の市場の特性を逆手に取って利益を出していくしかありません。

 ただ、動かなければ儲けにくいのは確かです。ボラティリティの一覧を見ると、今一番動くのはポンドでしょう。ポンドドルは1ヶ月10.6%、3ヶ月11.8%です。次に豪ドル、NZドルです(ただし、実際の動きから計算されるヒストリカル・ボラティリティでは、NZドルが一番、その次豪ドル、そしてポンドです)。ドル円よりもポンド円や豪ドル円を中心にトレードした方が良さそうに見えますね。

※まぐまぐ無料メルマガでも「志摩力男の今日の一言」をほぼ毎日配信中! 無料登録は下記欄にメールアドレスを入れ、「送信」を押してください
メルマガ購読・解除
読者購読規約
 

(今日の一言)米国株はショートにできない

2019年2月19日 19:50

コラム

 目先の相場はともかく、世界経済のシステムがこのままであれば、米国株は買うしかないのかなと思います。
 
 成長のない世の中という言葉が独り歩きしてます。米国は昨年ものすごく好景気でしたが、それでも年率2.9%成長でした。先進国の成長率には限界があります。ところが先日も書きましたが、1月23日日経新聞によると米企業の純利益は過去10年で3.8倍に伸びています。平均すると年率14%程の成長です。世界中をマーケットにし、世界中から利益を吸い上げる米企業の成長力は驚異的です。では、その利益はどこに行くのか。一部は労働者にも配分されるのでしょうが、設備投資、研究開発、M&A等いろいろありますが、かなりの部分は株主へ行きます。配当も大きいですが、最近は「自社株買い」です。

 昨年は100兆円の自社株買いがでました。今年は、それより少し少なくなりますが、それでも膨大な金額です。世界中から吸い上げた富が最終的には自社株買いとなり、償却されていきます。米企業の株はどんどん少なくなるので、一株の価値が上がり、株価は天井知らずということになります。

 株価の上昇は年金や保険の形で一般の方々にも恩恵は行きますが、それにしても富の配分が偏ります。米国の政治家の中には、バーニー・サンダース氏のような極端な左派に限らず、共和党マルコ・ルビオ氏まで自社株買いに制限をかけようと提言しています。この流れは、もっと強くなるでしょう。このままの状況を放置しておくと、トランプ大統領の次は極端な左派政治家、疑似社会主義革命が起きかねません。トランプ大統領もそれがわかっているので、今年は中産階級に利益が回るような政策をとってくると思われます。

※まぐまぐ無料メルマガでも「志摩力男の今日の一言」をほぼ毎日配信中! 無料登録は下記欄にメールアドレスを入れ、「送信」を押してください
メルマガ購読・解除
読者購読規約
 

(今日の一言)#NEVERSOCIALIST

2019年2月18日 20:40

コラム

 今朝のモーニングサテライトで吉崎達彦氏も紹介していましたが、トランプ大統領誕生に一役買った右翼系ニュースサイト”BREITBART NEWS”では、サイト内のストアで、#NEVERSOCIALIST と銘した帽子やT-SHIRT、マグといった大量の商品群の販売を開始しています。もう早速、次の大統領選挙に向けて、スタートしています。

https://store.breitbart.com/

 しかし、つい先日一般教書演説をしたばかりです。これだけの商品を短時間に一気に用意するというのは、可能なのでしょうが、もしかしたら事前に申し合わせがあったのかもしれないと考えさせられる、手際の良さです。スティーブ・バノン氏は既にBREITBART NEWSとは関係ないはずですが、依然として繋がりがあるのかもしれません。

 トランプ大統領も次の敵はバーニー・サンダースだと考えているのでしょう。民主党側の候補はまだ出揃ってはいないですし、これから始まるのですが、スターバックスの創業者やブルームバーグ氏、前副大統領ジョン・バイデン氏ではトランプ大統領に勝てないでしょう。世界的に極右と極左の戦いを呈し始めてます。

 いつもは批判を浴びるトランプ大統領の演説ですが、”WE ARE BORN FREE AND WE WILL STAY FREE” という言葉には私も痺れました。アメリカの国是、建国の精神です。個人の自由を最大限守るという思想は、他のどの考えにも負けないと思います。

※まぐまぐ無料メルマガでも「志摩力男の今日の一言」をほぼ毎日配信中! 無料登録は下記欄にメールアドレスを入れ、「送信」を押してください
メルマガ購読・解除
読者購読規約
 

(今日の一言)Gゼロって、本当?

2019年2月15日 19:50

コラム

 G-ZERO(Gゼロ)という表現を初めてお聞きになる方もいるかも知れませんが、これは地政学のコンサルティング会社、ユーラシアグループの創業者であるイアン・ブレマー氏が作った言葉です。かつては米国とソ連という強大なグローバルパワーが有りましたが、ソ連が消滅し、米国の国力も落ちて、グローバルなスーパーパワーが一国もない不安定な状況という意味に使っているようです。

 しかし、本当でしょうか。中国が台頭してますが、米国の力はかつてなく強いように見えます。あえて正確に言うならば、GゼロではなくてGツー、もしくは米国が唯一のスーパーパワーでしょう。世界中の海は米国の艦隊によって守られてますし、米企業の収益の伸びは他の国を圧倒しています。日経新聞が1月23日に伝えてますが、米企業の純利益は過去10年で3.8倍となり、利益の世界全体に占める割合は10年前の25%から39%と拡大しています。リーマン・ショック後に7000ドル前後だった米ダウが4倍近く上昇していますが、ほぼ米企業利益の上昇幅と合致しています。

 米企業は米国だけがマーケットではなく、世界中で稼いできます。他の地域の企業収益が相対的に落ち込み、米国だけが勝つ構造となっており、その傾向は今後もより強化されそうな気がします。米国一人勝ちです。中国は自国をグレートファイアーウォール、情報の万里の長城とよばれる「金盾」で守っているため、米企業が入り込めず、アリババやテンセントと言った自国の情報巨大企業を育てることができました。しかし、これも今後変わっていくでしょう。

 株価は企業業績に連動します。米国株があまりにも割高と指摘する人もいますが、企業収益、そして将来性を考えるとそんなことはないのではと思います。ただ、今この水準でロングするのが良いかと言われても、困る高さです。また落ちて欲しいなと思っていますが、そう思っている人は多いのでしょう。

(今日の一言)シナリオが崩れたとき

2019年2月14日 23:30

コラム

 昨日、ラジオ日経「北野誠のトコトン投資やりまっせ」に出演させていただきましたが、夜遅いにもかかわらず、多数の方に見て頂きました。有難うございました。

 トランプ大統領の一般教書演説、そして米国の警戒すべき「左傾化」についても話ししようかなと思っていたのですが、同じくゲスト出演された三井物産戦略研究所、安田佐和子さんが同様の内容だったので、割愛しました。しかし、安田さんも同じ問題意識ということは、やはり今後重要になるテーマだなと確信を強くしました。

 昨日はもっと実践的に、想定していたシナリオが崩れたときにどの様に対処するか、というテーマで話をしました。なぜこの様なテーマになったかというと、想定以上に株価やドル円が上昇して「おかしい」「苦しい」と思っている人が多いからなのでしょう。

 大切なのは生き残ることなので、不本意であっても、納得していなくても「いったん出る」、ポジションを離すことが大事だと思います。為替の場合、ポジションを閉じても、直ぐに同じポジションを持てます。この点が為替トレーディングの最も良いところかなとも思います。「岡目八目」とはよく言ったもので、離れて客観的に見ると、急によく見えたりします。

 年末年始の、株価急落、円の急騰は鮮烈なものがありましたが、その後の相場は戻る一方です。多くの相場解説者の話を聞いていると、「売りです」「そのうちまた下げます」「市場が間違っています」等々、ずっと弱気な人が多いですが、どうなんでしょう。もちろん、相場を予想することは本当に難しいのですが、私のメルマガでは、損の出ているポジションでも1~2%、ドル円で言えば100~200ポイントを超えてアゲインストのポジションを持ったりはしないようにしています。

(今日の一言)顕在化し始めた米国の左傾化

2019年2月14日 17:30

コラム

 トランプ大統領の”State of the Union Address”(一般教書演説)、僕はリアルタイムでは見ていませんでした。ニュース等をチェックしても、特に目新しい内容はない様に見えました。ところが、数日前にあらためて最初から見直したのですが、妙な言葉にひっかかりました。”Socialism”です。

“Here in the United States, we are alarmed by the new calls to adopt socialism in our country. America was founded on liberty and independence, and not government coercion, domination, and control. We are born free and we will stay free. Tonight, we renew our resolve that America will never be a socialist country.” ここ米国で、我々の国に社会主義を採用しようという新たな要求を警戒しています。米国は、自由と独立の上に築かれました、政府の強制や支配、コントロールで築かれたわけではありません。我々は生まれながらに自由、そして自由であり続けます。今夜、米国は決して社会主義国にならないという決意を再確認します。

 流れとしては、北朝鮮やベネズエラと言った社会主義国家を批判したあとなので、自然には聞こえますが、テレビカメラはその直後、民主党サンダース議員をクローズアップしました。明らかに、民主党左派を意識した言葉です。

 トランプ大統領はこれまで光の当たらなかった白人労働者層に訴えることによって大統領となりました。しかし、トランプ大統領でも生活は結局変わらなかったと思う人も増えています。若い世代は、大学ローンを抱え、貧富の格差が極端なまでに広がっていると実感しています。そういう人たちには、サンダース議員の考え方は刺さります。また、今後の米国の人口構成を考えても、ヒスパニック系が増えることになり、民主党支持層が増えることになります。

 大統領の発言は、こうした動きを先取りするものです。さすがはトランプ大統領、はやくも2020年の選挙がどうなるのか、予想して動いています。

 次の大統領選がどうなるのかわかりませんが、個人的にはサンダース議員のような極端な左派出身大統領候補が勝つのではないかという気がしています。米国に疑似社会主義革命が起こるとき、マーケットは大混乱となるでしょう。

マネックス証券「週間為替展望」更新されました。

2019年2月12日 18:10

お知らせ

マネックス証券にて毎週月曜日更新の動画「週間為替展望」がUPされました。下記ページよりご覧ください。

◆マネックス証券:志摩力男の週間為替展望
https://info.monex.co.jp/fx/fx-plus/seminar/weekly.html マネックス証券動画

(今日の一言)ポジションの傾き

2019年2月12日 15:30

コラム

 1月22、23日、ゴールドマン・サックスはグローバル・マクロ・コンファレンスを香港フォーシーズンズホテルで行いました。メルマガにその一部分、伝え聞いた内容を書きました。興味深かったのは「マクロコミュニティはドル円ショートにかなり傾いている」との話でした。IMM通貨先物市場のポジションを参考に、マーケットはドル円ロングと思っている人も多いでしょう。しかし、僕の実感から言っても、IMMは市場の縮図でも何でもありません。プロフェッショナルトレーダーで気にしている人は一部です。特に金利関係は、マーケットが大きすぎることもありますが、プロは見ていません。

 今、ドル円は年初の「フラッシュ・クラッシュ」から巻き戻し、ジリジリ値を上げています。この上がり方は、いかにも「ショート」。ただ、だいぶポジションは切れつつあるような感じもします。米国が金融引き締め政策を転換したのに(したからこそ?)ドル全面高というのは興味深い現象。金利よりも、資本市場の動乱が収まり、資金逃避が止まったことが大きいのでしょう。

 現在の様に金融市場・資本市場が大きくなりすぎると、そのマーケットを維持することが大事になってきます。下がると実体経済に影響を及ぼすからです。一番都合の良いのは高値圏でのもみ合いでしょうか。上がり過ぎても、下落リスクが高まります。今年も一筋縄には行かない市場だなと感じます。

2月13日(水)、22時30分よりラジオ日経「北野誠のトコトン投資やりまっせ」に出演します。

2019年2月12日 13:10

お知らせ

 2月13日(水)ラジオ日経「北野誠のトコトン投資やりまっせ」に出演します。お時間ご都合つくようであれば、ぜひ聞いて下さい。 

http://www.radionikkei.jp/kitano_toshi/

(今日の一言) 豪中銀は当然の方向転換、予想外ではない

2019年2月8日 20:10

コラム

 米国が金融引き締め政策をやめたことで、引き締め路線を「変更」した中銀が相次いだ1週間でした。メキシコは引き締めスタンスを中立に戻しましたし、インドはなんと利下げに転じました。利下げ後のインドルピーはむしろ買い戻されています。売り込まれたのはタイバーツ。王女様ご出馬とのことで、一気に目が離せなくなりました。

 先進国通貨では、豪中銀に振り回された1週間だったとも言えます。豪中銀がスタンスを引き締め方向からニュートラルに戻したというのは「意外」「予想外」という声も聞かれますが、もう何ヶ月も住宅の指標が悪く、予想を下回る経済統計が続き、しかも中国経済に急ブレーキがかかっている状態で、「いつ利上げするか考えてるところなんですよー」なんて言うわけがない。本日発表された四半期レポートで経済見通しを劇的に引き下げてきましたが、火曜日の理事会では、四半期レポートの内容がわかっていたはずです。それなのに中途半端な内容の声明文を出して市場をミスリードしたのは、問題でしょう。豪ドルが買われてしまったので、ロウ豪中銀総裁も慌てたと思います。

米金融政策変更のインパクトは、今更ながらに大きいと感じます。世界中、一気に金融緩和に大きくシフトしそうです。来月にはECBがなにがしかの金融緩和(TLTRO?)を打ち出してくると思います。日本は政策を変えようがないので、こうなるとだんだん苦しくなりますね。

(今日の一言)26日

2019年2月7日 18:00

コラム

 1月3日のフラッシュ・クラッシュから、ビジネスディ(営業日)で今日は25日目に当たり、明日が26日目です。何を言いたいかというと、一目均衡表で26日は重要な日だということです。急激に落ちる雲にぶつかりますし、遅行スパンも価格帯にぶつかります(少し横にぬけてます)。これを見ていると、もしドル円が落ちるとすれば今日なのかもしれない、もしくは落ちないで上がっていくのかもしれないと、悩ましく思っています。

 しかし、なぜ26という数字が一目均衡表において重要なのでしょうか。ま、基本数値には9、17、26。。。といろいろありますが、基準線、先行スパン、遅行スパンには26が決定的に重要な数字です。昔は、土曜日も株式市場が開いていたので、一月(ひとつき)30日のうち、日曜日を除く26日が営業日だったからかもしれませんし、膨大な計算の結果得られた数字なのかもしれません。一目山人氏が一目均衡表を作った時代はコンピューターがありませんでした。アルバイトの学生3千人(すみません、定かではありません)雇って計算したと読んだことがありますが、現在のコンピューターの力を使ったら、もしかしたら違う均衡表になっていたのかもしれません。

 今コンピューターで最適化すれば、もしかすると26日ではなくて、違う数字が出てくるかもしれません。でも、最適化して均衡表を使うこともいいのかもしれませんが、均衡表の信者は、やはり26日をそのまま使うべきかなと思います。均衡表は時間論や波動論、様々な要素が総合して一つの宗教になっているので、信者としては教祖の教えそのままを味わうほうが幸せな感じがします。

志摩力男限定レポート

▼ゴゴジャンからのメルマガお申込みはコチラ▼

志摩力男メルマガ
M2J