志摩力男トップテキスト
コラム

コラム・ニュース

(今日の一言)3連休

2019年1月18日 19:30

コラム

 明日はマネックス証券、全国投資戦略セミナーin 大阪に登壇いたします。たくさんのお客様が来場されると聞いております。会場が大きいので、個人的にお会いすることは難しいかもしれませんが、よろしくお願いします。また、24日、25日には資産運用EXPO、マネックス証券ブースにて講演いたします。こちらは申込み等は不要で、ぶらっと時間になったらいらっしゃればOKだと思います。

 このところ日本の休日こそが「フラッシュ・クラッシュ」の一因ではないかとの認識が高まっているようです。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-01-10/PL28Z56S972K01

 今後、日本の3連休めがけて海外ヘッジファンドがむしろ大挙して玉を打ち込んでくるかもしれません。多くの人が連休を有効に活かせるように、長い休みを取れるようにと休日を月曜日に移動したことが、思わぬところで日本の資産減少の理由になっているというのは問題です。ある程度はしょうがないことですが、意味のない10%を超える動きは問題でしょう。しかも大概は日本のリテールポジションが狙われています。マージンを利用するトレーディングはどうしてもダウンサイドの急変に弱い、それゆえ高レバレッジは避けるべきです。ただ、だからと言って、一律に当局が規制をかけることは絶対反対です。そこは、投資家個人個人が考えれば良いことです。

 3連休は良い制度だと思いますが、日本の休日は多すぎると思います。世界的にも異質です。自由に休みを取れない環境・文化・慣習であることが問題なのであって、一律に公休を増やせばいいというものではないでしょうか。多すぎる休日が、日本の国際競争力を奪っているのではないかと懸念しますし、為替市場で無用な変動をもたらし、不必要な損失を生み出しているとすれば国益に反します。

<2019年の為替相場を斬る!志摩力男特製レポート完成>

 志摩力男が2019年の為替相場を分析、各通貨の動向を予測したレポート「After Trump Sugar High景気後退に備えよ!」が完成しました。こちらが最終版の目次となります。

 米中貿易戦争が為替に与える影響、2019年は円高か円安か、イタリア問題とブレクジットの影響を受けたユーロの動向、人気のオセアニア通貨、メキシコペソの買い場やトルコリラについてなど、できるだけ具体的な記述を心がけました。

 レポートの入手方法は、セントラル短資FXの口座を開設するだけ。口座開設者全員にもれなくプレゼントいたします。口座開設はスマートフォンからでもOK、最短5分で完了します。お申込み締め切りは1/31迄。この機会に、ぜひセントラル短資FXの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのここがおすすめ!>
メキシコペソ/円取引が可能。業界最狭スプレッド0.4銭
②12年連続格付け取得。抜群の信頼感
③米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
短期売買に最適なスピード注文
今だけ新規口座開設で最大300,000円キャッシュバック!

(今日の一言)緩やかに下落が続く、オーストラリア住宅ローン件数

2019年1月17日 19:30

コラム

 予想の-2.0%より良かったとはいえ、11月オーストラリア住宅ローン件数は-0.9%。普段あまり注目しない指標ですが、不動産市況が世界的に天井を迎えつつあるとの観測があり、無視するわけには行きません。米国の不動産も転換点を迎えつつあるようです。

 リーマン・ショック後の世界経済は不動産市況の高騰で助かった部分があります。最も不動産価格の上がったのが、シドニーやバンクーバー、そしてサンフランシスコ周辺。中国系の方々が行きそうな場所です。中国経済がスローダウンし、本格的な換金売りにさらされるという状況がこの先あるのならば、世の中はものすごいリスクオフ状況となるでしょう。

 だが、中国は減税策を打ち出すなど、経済の下支えに出てきました。リーマン・ショック後は、こうした中国の措置が世界を救いましたが、今回はどうなるでしょうか。

<2019年の為替相場を斬る!志摩力男特製レポート完成>

 志摩力男が2019年の為替相場を分析、各通貨の動向を予測したレポート「After Trump Sugar High景気後退に備えよ!」が完成しました。こちらが最終版の目次となります。

 米中貿易戦争が為替に与える影響、2019年は円高か円安か、イタリア問題とブレクジットの影響を受けたユーロの動向、人気のオセアニア通貨、メキシコペソの買い場やトルコリラについてなど、できるだけ具体的な記述を心がけました。

 レポートの入手方法は、セントラル短資FXの口座を開設するだけ。口座開設者全員にもれなくプレゼントいたします。口座開設はスマートフォンからでもOK、最短5分で完了します。お申込み締め切りは1/31迄。この機会に、ぜひセントラル短資FXの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのここがおすすめ!>
メキシコペソ/円取引が可能。業界最狭スプレッド0.4銭
②12年連続格付け取得。抜群の信頼感
③米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
短期売買に最適なスピード注文
今だけ新規口座開設で最大300,000円キャッシュバック!

資産運用EXPOに登壇致します。

2019年1月16日 12:50

お知らせ

 1月24日(木)11時~11時30分、25日(金)13時~13時30分、資産運用EXPO、マネックス証券様ブースにて講演致します。資産運用EXPOにお立ち寄りの際、もしご覧いただけたら幸いです。

https://www.am-expo.jp/ja-jp.html

(今日の一言)残念ながら、合意なき離脱の可能性は低下している

2019年1月16日 11:30

コラム

 様々なメディアで、離脱案が大差(432対202)で否決されたことで「合意なき離脱に現実味(NHK)」等の見出しが増えてますが、現実は違うようです。私自身は「合意なき離脱」になって欲しいと思ってますが、それを願っている英下院議員は保守党の70名ほどです。残りの大多数は、できるだけソフトなブレクジットか、EU残留が望ましいと思っているでしょう。では評決でどうして差がつくのかというと、単に政治的に得るものが何もないからです。

 最後の最後、土壇場では、超党派の議員連合が形成され、統一案が作られソフトなブレクジットに向かうのだと思います。すでに、その超党派議員連合のぼんやりとした形もあるようです。もしかすると、その統一案は現在のメイ首相案とあんまり変わらないかもしれません。ただ、政治的な「エサ」といいますか、選択したくなるインセンティブがあれば政治家は動きます。今、メイ首相の案に賛成しても、メイ首相の手柄になるだけ。労働党であれば政権奪取、保守党(一部の議員)であればメイ首相退陣、そしたものがあれば政治家は動きます。

 おそらく、ソフトなブレクジットになる可能性が7割、国民投票が3割といったところでしょうか。「合意なき離脱」は極めてゼロに近いようです。。。残念ながら。

<2019年の為替相場を斬る!志摩力男特製レポート完成>

 志摩力男が2019年の為替相場を分析、各通貨の動向を予測したレポート「After Trump Sugar High景気後退に備えよ!」が完成しました。こちらが最終版の目次となります。

 米中貿易戦争が為替に与える影響、2019年は円高か円安か、イタリア問題とブレクジットの影響を受けたユーロの動向、人気のオセアニア通貨、メキシコペソの買い場やトルコリラについてなど、できるだけ具体的な記述を心がけました。

 レポートの入手方法は、セントラル短資FXの口座を開設するだけ。口座開設者全員にもれなくプレゼントいたします。口座開設はスマートフォンからでもOK、最短5分で完了します。お申込み締め切りは1/31迄。この機会に、ぜひセントラル短資FXの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのここがおすすめ!>
メキシコペソ/円取引が可能。業界最狭スプレッド0.4銭
②12年連続格付け取得。抜群の信頼感
③米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
短期売買に最適なスピード注文
今だけ新規口座開設で最大300,000円キャッシュバック!

(今日の一言)英下院採決の日

2019年1月15日 18:15

コラム

 歴史的には重要な一日になりそうです。しかし、2016年6月23日と違い、本日は否決されたからと言って、次にどうなるのかきまるわけではありません。よって、トレードし難い日とも言えます。また、採決はロンドン時間の19時、日本時間明日の午前4時です。

 票差が大きければポンド売り、小さければポンド買いと言っていますが、今回は票差にあまり意味はないので、論理的でない気がします。基本的に「合意なき離脱」に近づけばポンド売り、残留の可能性に近づけば買い戻されることになりますが、決定的になるのはずいぶん先でしょう。

 メイ首相辞任という可能性もありますが、それで売買はできない。労働党提出の不信任案が可決され総選挙となれば、それは労働党政権の可能性も出てくるので、ちょっとポンド売りかもしれません。しかし、様々なオプションがありすぎて、トレードに適したイベントとは言えないですね。ただ、多くの銀行はポンドを積極的にサポートしないと言っているようなので、よく動くとは思います。

<2019年の為替相場を斬る!志摩力男特製レポート完成>

 志摩力男が2019年の為替相場を分析、各通貨の動向を予測したレポート「After Trump Sugar High景気後退に備えよ!」が完成しました。こちらが最終版の目次となります。

 米中貿易戦争が為替に与える影響、2019年は円高か円安か、イタリア問題とブレクジットの影響を受けたユーロの動向、人気のオセアニア通貨、メキシコペソの買い場やトルコリラについてなど、できるだけ具体的な記述を心がけました。

 レポートの入手方法は、セントラル短資FXの口座を開設するだけ。口座開設者全員にもれなくプレゼントいたします。口座開設はスマートフォンからでもOK、最短5分で完了します。お申込み締め切りは1/31迄。この機会に、ぜひセントラル短資FXの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのここがおすすめ!>
メキシコペソ/円取引が可能。業界最狭スプレッド0.4銭
②12年連続格付け取得。抜群の信頼感
③米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
短期売買に最適なスピード注文
今だけ新規口座開設で最大300,000円キャッシュバック!

(今日の一言)一部海外ブローカー、英ポンドの証拠金比率引き上げ

2019年1月11日 19:30

コラム

 来週1月15日にEU離脱法案の議会採決を控え、一部の海外ブローカーは英ポンドの証拠金比率を引き上げ始めました。2016年の国民投票時の教訓から来ているのでしょう。

 メイ首相のEU離脱法案はほぼ確実に否決される模様です。しかし、否決=「合意なき離脱」ではなく、再度国民投票をするのか、総選挙なのか、更に議会内で交渉を進めるのか、様々な選択肢があり、すぐに「合意なき離脱」とはなりません。よって、1月15日が2016年6月23日ほどの混乱になるとは思わないのですが、用心するに越したことはないでしょう。

 明確に「合意なき離脱」となれば、英ポンドは急落するでしょう。英中銀も、英財務省もそのように警告しています。しかし、「合意なき離脱」を支持する英下院議員は70名ほどと少なく、多くの議員は避けたいと思っています。しかし、メイ首相のEU離脱案を支持する議員も多くありません。そうなると、メイ首相は何度も否定していますが、「再投票」の可能性が自然高まります。

 そうなった場合、「残留」の可能性を少し織り込まなければならず、英ポンドは上昇することになります。私自身は「合意なき離脱」でも良いのではと思ってますが、そうなると多くの企業の方々が大変な思いをします。安倍首相も絶対に避けてほしいと仰ってます。確率的には再投票から英ポンドリバウンドの可能性が高まっているのかもしれません。

<2019年の為替相場を斬る!志摩力男特製レポート完成>

 志摩力男が2019年の為替相場を分析、各通貨の動向を予測したレポート「After Trump Sugar High景気後退に備えよ!」が完成しました。こちらが最終版の目次となります。

 米中貿易戦争が為替に与える影響、2019年は円高か円安か、イタリア問題とブレクジットの影響を受けたユーロの動向、人気のオセアニア通貨、メキシコペソの買い場やトルコリラについてなど、できるだけ具体的な記述を心がけました。

 レポートの入手方法は、セントラル短資FXの口座を開設するだけ。口座開設者全員にもれなくプレゼントいたします。口座開設はスマートフォンからでもOK、最短5分で完了します。お申込み締め切りは1/31迄。この機会に、ぜひセントラル短資FXの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのここがおすすめ!>
メキシコペソ/円取引が可能。業界最狭スプレッド0.4銭
②12年連続格付け取得。抜群の信頼感
③米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
短期売買に最適なスピード注文
今だけ新規口座開設で最大300,000円キャッシュバック!

セントラル短資FXがメキシコペソのスプレッドを0.4銭に

2019年1月11日 12:00

お知らせ

 FX会社の中でも、いち早く南アフリカランド/円やトルコリラ/円の取り扱いをスタートし、高金利通貨投資のパイオニア的存在だったセントラル短資FXが、メキシコペソ/円のスプレッドを0.5銭から0.4銭に引き下げるキャンペーンを開始しました(1/31迄)。

 スワップポイントの高さも業界トップクラス、メキシコペソ/円の買いを10万通貨保有した場合、月額5100円の収益を得られた実績も。

 本サイトでは、セントラル短資FXとのコラボ企画「2019年の為替はどうなる?志摩力男特別レポート」プレゼントキャンペーンを実施中。本サイトより期間中に口座開設いただければ、志摩力男執筆のレポートをもれなくプレゼントいたします。レポートは既に完成し、1/9より配布がスタートしています。

 気になるレポートの内容は、下記のとおりです。

 米中貿易戦争が為替に与える影響、2019年は円高か円安か、イタリア問題とブレクジットの影響を受けたユーロの動向、人気のオセアニア通貨、そして、注目度急上昇の高金利通貨メキシコペソの買い場やトルコリラについてなど、できるだけ具体的な記述を心がけました。

 レポートの入手方法は、セントラル短資FXの口座を開設するだけ。口座開設者全員にもれなくプレゼントいたします。口座開設はスマートフォンからでもOK、最短5分で完了します。お申込み締め切りは1/31迄。この機会に、ぜひセントラル短資FXの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのここがおすすめ!>
メキシコペソ/円取引が可能。業界最狭スプレッド0.4銭
②12年連続格付け取得。抜群の信頼感
③米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
短期売買に最適なスピード注文
今だけ新規口座開設で最大300,000円キャッシュバック!

(今日の一言)史上最大額の慰謝料?

2019年1月10日 19:30

コラム

 下世話な話で申し訳ありませんが、今日はこれを話題にしている人、多いのではないでしょうか。

 世界一の資産家、アマゾン創業者、ジェフ・べゾフ氏がマッケンジーさんと離婚しました。べゾフ氏が世界一の資産家なので、必然的に分割される資産も「世界一」になります。べゾフ氏はアマゾン株の16.3%保有していますが、アマゾン株の時価総額が8000億ドルとすると、1300億ドルぐらい、円換算で14兆円。半分がマッケンジーさんに分割されるとなると7兆円です。なんともすごい金額ですが、マッケンジーさんが女性として世界一の富豪になることは確実でしょう。同時にべゾフ氏はビル・ゲイツ氏に抜かれ世界一の座を失うことになりそうです。

 私はべゾフ氏と年齢も近く、同じような業界で働いていました。彼はネットの時代が来ると確信し、1994年にインターネット書店を開業しました。私はネットの時代が来るということは感じましたが、感じただけで、今も当時と変わらない仕事をしています。同じよう思う人も多いでしょう、どうして彼とこうまで差が開いたのか。荒唐無稽な妄想ですが、まだ20年ぐらいは働けると思うので、なんとかこの差を埋める努力をしたいなと思いました。

<2019年の為替相場を斬る!志摩力男特製レポート完成>

 志摩力男が2019年の為替相場を分析、各通貨の動向を予測したレポート「After Trump Sugar High景気後退に備えよ!」が完成しました。こちらが最終版の目次となります。

 米中貿易戦争が為替に与える影響、2019年は円高か円安か、イタリア問題とブレクジットの影響を受けたユーロの動向、人気のオセアニア通貨、メキシコペソの買い場やトルコリラについてなど、できるだけ具体的な記述を心がけました。

 レポートの入手方法は、セントラル短資FXの口座を開設するだけ。口座開設者全員にもれなくプレゼントいたします。口座開設はスマートフォンからでもOK、最短5分で完了します。お申込み締め切りは1/31迄。この機会に、ぜひセントラル短資FXの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのここがおすすめ!>
メキシコペソ/円取引が可能。業界最狭スプレッド0.4銭
②12年連続格付け取得。抜群の信頼感
③米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
短期売買に最適なスピード注文
今だけ新規口座開設で最大300,000円キャッシュバック!

(今日の一言)奨学金問題と政府閉鎖

2019年1月9日 21:00

コラム

 本日の日経新聞1面に奨学金の延滞対策が掲載されていました。平均343万円の借金というのは、一般的な初任給を考えると小さくないなと思います。私も奨学金を利用しましたが、半分無償、半分有償だったので、返済はそれほど大変ではありませんでした。今は無償の奨学金のハードルが極めて高い様で、驚きました。

 今、米国は一部政府機関が閉鎖してますが、奨学金はどうなっているのでしょうか。1986年だったと思いますが、売上税問題で予算が年度内に成立せず、奨学金の給付が遅れて大変な思いをしたことが記憶に残ってます。その時まで少し左寄りの政党にシンパシーを感じていましたが、喜んでいる社会党の土井たか子委員長を見て、「この人達は庶民の味方ではない、決して社会党には投票しない」と誓いました。

 米国の政府閉鎖が長引くとどちらに有利なのか。トランプ大統領に有利な方向にはあまり働かないような気がします。

<FXトレーダー必見!志摩力男が2019年の為替相場を斬る!特別レポート>
 現在、志摩力男公式サイトではセントラル短資FXさんとのコラボ企画「2019年の為替はどうなる?志摩力男特別レポート」プレゼントキャンペーンを実施中!さらに、今だけ最大300,000円のキャッシュバックも!

画像は制作途中のものです

◆志摩力男レポート概要
2019年の為替相場
「After Trump Sugar High景気後退に備えよ」
1)成長はまだ続くのか? 2019年のアメリカ経済
2)ドル円はレンジブレイクする?
3)イタリア、ブレクジットの影響を受けたユーロの行く末
4)米中貿易戦争が豪ドル・NZドルに与える影響とは?
5)高金利通貨メキシコペソの今後
※一部章タイトルは変更となる可能性がございます

 米中貿易戦争によって各通貨ペアの強弱はどうなるのか、この状況でドルとユーロはどちらが上がるか、メキシコペソ、トルコリラなどの高金利通貨で狙い目なのはこの通貨…などなど、FXトレーダーの方々が投資戦略をたてる上で参考になるよう、具体的な記述を心がけています。

 レポートプレゼント条件は、キャンペーン期間中に志摩力男公式サイトからセントラル短資FXさんの口座を開設するだけ。口座開設の所要時間は最短5分、スマホだけでOKです。お申込みは1/31まで。この機会に、ぜひセントラル短資FXさんの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのおすすめポイント>
待望の新通貨メキシコペソ/円取扱いスタート!スプレッド0.5銭
①12年連続格付け取得。抜群の信頼感
②米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
③短期売買に最適なスピード注文
④メキシコペソ、トルコリラなど高金利通貨に強い
今だけ!新規口座開設で最大300,000円キャッシュバックも!

2019年の為替相場を斬る!志摩力男特製レポート完成

2019年1月9日 12:00

お知らせ

 志摩力男が2019年の為替相場を分析、各通貨の動向を予測したレポート「After Trump Sugar High景気後退に備えよ!」が完成しました。こちらが最終版の目次となります。

 米中貿易戦争が為替に与える影響、2019年は円高か円安か、イタリア問題とブレクジットの影響を受けたユーロの動向、人気のオセアニア通貨、メキシコペソの買い場やトルコリラについてなど、できるだけ具体的な記述を心がけました。

 レポートの入手方法は、セントラル短資FXの口座を開設するだけ。口座開設者全員にもれなくプレゼントいたします。口座開設はスマートフォンからでもOK、最短5分で完了します。お申込み締め切りは1/31迄。この機会に、ぜひセントラル短資FXの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのここがおすすめ!>
メキシコペソ/円取引が可能。業界最狭スプレッド0.4銭
②12年連続格付け取得。抜群の信頼感
③米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
短期売買に最適なスピード注文
今だけ新規口座開設で最大300,000円キャッシュバック!

(今日の一言)フラッシュ・クラッシュ

2019年1月8日 18:20

コラム

 1月3日の「フラッシュ・クラッシュ」には驚きました。年末年始、円高方向へのトライがあることは読めていたと思いますが、108.50円以下の暴落は完全に「想定外」。久しぶりのことで、そうしたところにまで思いが及びませんでした。

 東京時間の7時過ぎは、危ない時間帯です。かつてであれば、証拠金業者さんの値洗いが行われ、そこから強制的なストップロスがよく出ました。南アフリカランドでも大規模なフラッシュ・クラッシュが東京休日の月曜日の朝に起こっています。南アフリカの人々もびっくりでしょう。地球の裏側で、日本人が勝手に変なところまでランドを売って、自分たちの通貨が20%も乱高下するわけですから。

 今回の動きですが、どこまでが適正な「円高」なのか難しいところですが、108.50円手前まではありうるレベル、それ以下はコンピューターの暴走でしょう。108.50円を割り込んでからは値段が消え、気付いたら105円も割っていました。ドル円や豪ドル円のストップロスが大量に自動執行されたのでしょう。人を介した時代にはこんな酷いことはありません。そもそも、人はそんなに早く話せないし、キーボードも叩けません。大きな損切りは、トレーダーが「やばいよー」とつぶやきながらも、流動性を確かめて、適切に少しずつ市場で捌いてい行きました。いきなり3円下を売ったりはしません。しかし、Liborの事件等もあり、人が介在すると「不正」「不当な利益を得ている」ということになり、単純に市場にあるプライスを即座にコンピューターが叩くことが正義になっています。

 コンピューターのおかげで、個人でも為替市場に参加できるようになり、プロ以上にタイトなスプレッドで売買できます。その見返りに、今回のような「フラッシュ・クラッシュ」が起こります。昔が良かったという言うのは簡単ですが、我々はこうしたコンピューターの特性を利用して儲けていくことに専念するべきかなと思います。

<FXトレーダー必見!志摩力男が2019年の為替相場を斬る!特別レポート>
 現在、志摩力男公式サイトではセントラル短資FXさんとのコラボ企画「2019年の為替はどうなる?志摩力男特別レポート」プレゼントキャンペーンを実施中!さらに、今だけ最大300,000円のキャッシュバックも!

画像は制作途中のものです

◆志摩力男レポート概要
2019年の為替相場
「After Trump Sugar High景気後退に備えよ」
1)成長はまだ続くのか? 2019年のアメリカ経済
2)ドル円はレンジブレイクする?
3)イタリア、ブレクジットの影響を受けたユーロの行く末
4)米中貿易戦争が豪ドル・NZドルに与える影響とは?
5)高金利通貨メキシコペソの今後
※一部章タイトルは変更となる可能性がございます

 米中貿易戦争によって各通貨ペアの強弱はどうなるのか、この状況でドルとユーロはどちらが上がるか、メキシコペソ、トルコリラなどの高金利通貨で狙い目なのはこの通貨…などなど、FXトレーダーの方々が投資戦略をたてる上で参考になるよう、具体的な記述を心がけています。

 レポートプレゼント条件は、キャンペーン期間中に志摩力男公式サイトからセントラル短資FXさんの口座を開設するだけ。口座開設の所要時間は最短5分、スマホだけでOKです。お申込みは1/31まで。この機会に、ぜひセントラル短資FXさんの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのおすすめポイント>
待望の新通貨メキシコペソ/円取扱いスタート!スプレッド0.5銭
①12年連続格付け取得。抜群の信頼感
②米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
③短期売買に最適なスピード注文
④メキシコペソ、トルコリラなど高金利通貨に強い
今だけ!新規口座開設で最大300,000円キャッシュバックも!

(今日の一言)2019年予測

2019年1月7日 16:50

コラム

 本日のモーニングサテライトでは為替専門家による2019年為替予測を特集していました。意外に「円安」予想が多くて驚きましたが、今年の米利上げ「2-3回」と言うのが予測の前提でした。現在の市場は今年後半の米利下げを織り込もうとしている状況であり、先週金曜日にパウエル議長は利上げに対し「柔軟に対応」と姿勢を変化させてます。そうした中で、「3回」の利上げを予想するのは、今の状況がやや悲観的すぎるとしても、どうかな?とは思いました。

 ただ、為替のアナリストと言っても組織の一員であり、大きな大きな会社の場合は「ハウスビュー」から外れることは言えません。それ故、致し方ない部分もあります。また、あまり大きな声では言えませんが、テレビ的には株高円安の人の方が出演させやすいというところはあると思います。

 いつも円高VIEWで有名な佐々木さんが珍しく円安の相場観であること(それだけ、JPモルガン銀行は米国経済に対して強気と言えます。少し前まで、年4回利上げを主張していました)、このところメガ邦銀がずっと円高予測であることは、興味深いところがあります。

<FXトレーダー必見!志摩力男が2019年の為替相場を斬る!特別レポート>
 現在、志摩力男公式サイトではセントラル短資FXさんとのコラボ企画「2019年の為替はどうなる?志摩力男特別レポート」プレゼントキャンペーンを実施中!さらに、今だけ最大300,000円のキャッシュバックも!

画像は制作途中のものです

◆志摩力男レポート概要
2019年の為替相場
「After Trump Sugar High景気後退に備えよ」
1)成長はまだ続くのか? 2019年のアメリカ経済
2)ドル円はレンジブレイクする?
3)イタリア、ブレクジットの影響を受けたユーロの行く末
4)米中貿易戦争が豪ドル・NZドルに与える影響とは?
5)高金利通貨メキシコペソの今後
※一部章タイトルは変更となる可能性がございます

 米中貿易戦争によって各通貨ペアの強弱はどうなるのか、この状況でドルとユーロはどちらが上がるか、メキシコペソ、トルコリラなどの高金利通貨で狙い目なのはこの通貨…などなど、FXトレーダーの方々が投資戦略をたてる上で参考になるよう、具体的な記述を心がけています。

 レポートプレゼント条件は、キャンペーン期間中に志摩力男公式サイトからセントラル短資FXさんの口座を開設するだけ。口座開設の所要時間は最短5分、スマホだけでOKです。お申込みは1/31まで。この機会に、ぜひセントラル短資FXさんの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのおすすめポイント>
待望の新通貨メキシコペソ/円取扱いスタート!スプレッド0.5銭
①12年連続格付け取得。抜群の信頼感
②米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
③短期売買に最適なスピード注文
④メキシコペソ、トルコリラなど高金利通貨に強い
今だけ!新規口座開設で最大300,000円キャッシュバックも!

マネックス証券「週間為替展望」更新、今週は”フラッシュ・クラッシュはなぜ起こった”です

2019年1月7日 15:50

お知らせ

マネックス証券にて毎週月曜日更新の動画「週間為替展望」がUPされました。今回のテーマは「フラッシュ・クラッシュはなぜ起こった」です。動画は下記ページよりご覧ください。

◆マネックス証券:志摩力男の週間為替展望
https://info.monex.co.jp/fx/fx-plus/seminar/weekly.html マネックス証券動画

本日(1月4日)16時よりラジオ日経「GoGoジャングルマーケット」に出演します。

2019年1月4日 14:30

お知らせ

1月4日(金)ラジオ日経「GoGoジャングルマーケット」に出演します。相場動乱のおり、是非ご覧になって頂けたらと思います。

http://www.radionikkei.jp/gogo/

外為どっとコムにて「外為マーケットレビュー」のコンテンツが更新されました

2019年1月4日 14:30

お知らせ

 外為どっとコムにて毎週金曜日に更新しているコンテンツ「外為マーケットレビュー」がUPされました。下記ページよりご覧ください。

◆外為どっとコム:【外為マーケットビュー】 「力説!トレードシナリオ」
http://tv.gaitame.com/g_player/GaitamePlayer.html
志摩力男限定レポート

▼ゴゴジャンからのメルマガお申込みはコチラ▼

志摩力男メルマガ
M2J

マネックス証券に新規口座開設すると、
有料メルマガが1か月無料

マネックス証券
メルマガキャンペーンの
詳細はコチラ