志摩力男トップテキスト
コラム

(今日の一言)顕在化し始めた米国の左傾化

2019年2月14日 17:30

コラム

 トランプ大統領の”State of the Union Address”(一般教書演説)、僕はリアルタイムでは見ていませんでした。ニュース等をチェックしても、特に目新しい内容はない様に見えました。ところが、数日前にあらためて最初から見直したのですが、妙な言葉にひっかかりました。”Socialism”です。

“Here in the United States, we are alarmed by the new calls to adopt socialism in our country. America was founded on liberty and independence, and not government coercion, domination, and control. We are born free and we will stay free. Tonight, we renew our resolve that America will never be a socialist country.” ここ米国で、我々の国に社会主義を採用しようという新たな要求を警戒しています。米国は、自由と独立の上に築かれました、政府の強制や支配、コントロールで築かれたわけではありません。我々は生まれながらに自由、そして自由であり続けます。今夜、米国は決して社会主義国にならないという決意を再確認します。

 流れとしては、北朝鮮やベネズエラと言った社会主義国家を批判したあとなので、自然には聞こえますが、テレビカメラはその直後、民主党サンダース議員をクローズアップしました。明らかに、民主党左派を意識した言葉です。

 トランプ大統領はこれまで光の当たらなかった白人労働者層に訴えることによって大統領となりました。しかし、トランプ大統領でも生活は結局変わらなかったと思う人も増えています。若い世代は、大学ローンを抱え、貧富の格差が極端なまでに広がっていると実感しています。そういう人たちには、サンダース議員の考え方は刺さります。また、今後の米国の人口構成を考えても、ヒスパニック系が増えることになり、民主党支持層が増えることになります。

 大統領の発言は、こうした動きを先取りするものです。さすがはトランプ大統領、はやくも2020年の選挙がどうなるのか、予想して動いています。

 次の大統領選がどうなるのかわかりませんが、個人的にはサンダース議員のような極端な左派出身大統領候補が勝つのではないかという気がしています。米国に疑似社会主義革命が起こるとき、マーケットは大混乱となるでしょう。

現在のマーケットを理解するために必要な知識が得られる、実戦的なビデオスクール!

 | GogoJungle M2J サンワード貿易 ✖ 志摩力男 口座開設キャンペーン
サンワード貿易 ✖ 志摩力男 口座開設キャンペーン
サンワード貿易 ✖ 志摩力男 口座開設キャンペーン?|?fx-on.com