志摩力男トップテキスト
コラム

(今日の一言)浅川財務官:日本の輸出量と為替レート、いまやリンクが切れた

2018年12月18日 22:00

コラム

 浅川財務官は安倍首相の経済政策、アベノミクスに欠かせない人です。通常、財務官の職は2年で交代ですが、浅川財務官は異例の4年目に入ってます。浅川氏が如何に重要な人物なのか、それだけでもわかります。

 財務官はIMFが都内で開いたイベントで「アベノミクスの開始を受けて円は対ドルで大幅下落したものの、日本の輸出量にはそれほど変化は生じていない」「日本の製造業による生産拠点の海外移転が、為替レートと日本の輸出量とのリンクが切れた一因かもしれない」「日本の輸出構造が一段と高付加価値製品に移行しつつあることがもう1つの要因かもしれない」と発言しました。

 円安がアベノミクスの大きな柱でしたが、もうこれ以上の円安は必要ない、円安の景気刺激効果はなくなったと言っているようにも聞こえます。かつて安倍首相のブレーンの一人である浜田内閣官房参与は「日本銀行がエルピーダをつぶした」と言いましたが、円安になっても日本の半導体産業は衰退しています。つまり、エルピーダを潰したのは、日銀でも円高でもなかったわけです。

 本日の浅川財務官の発言は重要な政策転換を示唆しているように感じます。

<FXトレーダー必見!志摩力男が2019年の為替相場を斬る!特別レポート>
 現在、志摩力男公式サイトではセントラル短資FXさんとのコラボ企画「2019年の為替はどうなる?志摩力男特別レポート」プレゼントキャンペーンを実施中!さらに、今だけ最大300,000円のキャッシュバックも!

画像は制作途中のものです

◆志摩力男レポート概要
2019年の為替相場
「After Trump Sugar High景気後退に備えよ」
1)成長はまだ続くのか? 2019年のアメリカ経済
2)ドル円はレンジブレイクする?
3)イタリア、ブレクジットの影響を受けたユーロの行く末
4)米中貿易戦争が豪ドル・NZドルに与える影響とは?
5)高金利通貨メキシコペソの今後
※一部章タイトルは変更となる可能性がございます

 米中貿易戦争によって各通貨ペアの強弱はどうなるのか、この状況でドルとユーロはどちらが上がるか、メキシコペソ、トルコリラなどの高金利通貨で狙い目なのはこの通貨…などなど、FXトレーダーの方々が投資戦略をたてる上で参考になるよう、具体的な記述を心がけています。

 レポートプレゼント条件は、キャンペーン期間中に志摩力男公式サイトからセントラル短資FXさんの口座を開設するだけ。口座開設の所要時間は最短5分、スマホだけでOKです。お申込みは1/31まで。この機会に、ぜひセントラル短資FXさんの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのおすすめポイント>
待望の新通貨メキシコペソ/円取扱いスタート!スプレッド0.5銭
①12年連続格付け取得。抜群の信頼感
②米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
③短期売買に最適なスピード注文
④メキシコペソ、トルコリラなど高金利通貨に強い
今だけ!新規口座開設で最大300,000円キャッシュバックも!

▼ゴゴジャンからのメルマガお申込みはコチラ▼

志摩力男メルマガ
M2J サンワード貿易 ✖ 志摩力男 口座開設キャンペーン
サンワード貿易 ✖ 志摩力男 口座開設キャンペーン
サンワード貿易 ✖ 志摩力男 口座開設キャンペーン?|?fx-on.com