志摩力男トップテキスト
コラム

(今日の一言)実は盛り上がってないブレクジット

2018年12月6日 18:00

コラム

 12月11日に英EU離脱法案の議会採決があります。50から80票ぐらいの大差で否決されると見込まれてます。メイ首相は「否決されれば合意なしの離脱だ」と言いますが、英中銀によれば、合意なき離脱の場合、英ポンドは対ドルで25%下落、パリティを割り込むと言ってます。もしそれが本当であれば、12月11日に否決されると同時に英ポンドは大暴落のはずですが、どうもそんな雰囲気ではありません。

 実際、1ヶ月のポンドドル変動率を見ると、現在13%程度です。11月半ばぐらいには15%ぐらいまで上昇してましたが、ジリジリ下がってきています。2年前のブレクジットのときはどうだったかと言うと、一月ほど前に16%台に乗せ、1週間ほど前には、なんと28%台まで上昇しました!その時と比べると、今のオプション市場の盛り上がりが全く欠けてます。

 どう考えればよいのでしょうか。ある意味、慣れちゃったのでしょう。油断してるのかもしれませんが、要は「合意なき離脱」にはならないと思っているし、仮になったとしても大変なことにはならないと思っているのでしょう。英中銀は嘘つきなのでしょうか? 私はGDPが8%下落すると言ったカーニー総裁が出してきたレポートは、とにかく「合意なき離脱」は避けたいという、結論ありきの適当なレポートだと思います。ただ、本当に「合意なし離脱」になったとしたら、それはそれなりに混乱はすると思いますが。。。

 メイ首相の離脱案はひどすぎます。国家は何百年と続きます、目先1-2年経済が混乱しても、もっと大事なものがあると思います。

<2019年の為替相場がまるわかり!志摩力男特別レポートプレゼントキャンペーン>
 セントラル短資FXさんとのコラボ企画「2019年の為替はどうなる?志摩力男特別レポート」プレゼントキャンペーンですが、期間延長のご要望を多数いただき、2019年1月31日迄に延長となりました!さらに、今だけ最大300,000円のキャッシュバックも!

画像は制作途中のものです

◆志摩力男レポート概要
2019年の為替相場
「After Trump Sugar High景気後退に備えよ」
1)成長はまだ続くのか? 2019年のアメリカ経済
2)ドル円はレンジブレイクする?
3)イタリア、ブレクジットの影響を受けたユーロの行く末
4)米中貿易戦争が豪ドル・NZドルに与える影響とは?
5)高金利通貨メキシコペソの今後
※一部章タイトルは変更となる可能性がございます

 米中貿易戦争によって各通貨ペアの強弱はどうなるのか、この状況でドルとユーロはどちらが上がるか、メキシコペソ、トルコリラなどの高金利通貨で狙い目なのはこの通貨…などなど、FXトレーダーの方々が投資戦略をたてる上で参考になるよう、具体的な記述を心がけています。

 レポートプレゼント条件は、キャンペーン期間中に志摩力男公式サイトからセントラル短資FXさんの口座を開設するだけ。口座開設の所要時間は最短5分、スマホだけでOKです。この機会に、ぜひセントラル短資FXさんの口座開設をご検討ください。

口座開設は下記バナーよりお願いいたします↓
【FINTECH-asp】

<セントラル短資FXのおすすめポイント>
待望の新通貨メキシコペソ/円取扱いスタート!スプレッド0.5銭
①12年連続格付け取得。抜群の信頼感
②米ドル/円0.3銭ほか業界屈指の低コスト
③短期売買に最適なスピード注文
④メキシコペソ、トルコリラなど高金利通貨に強い
今だけ!新規口座開設で最大300,000円キャッシュバックも!

志摩力男限定レポート

▼ゴゴジャンからのメルマガお申込みはコチラ▼

志摩力男メルマガ
M2J

マネックス証券に新規口座開設すると、
有料メルマガが1か月無料

マネックス証券
メルマガキャンペーンの
詳細はコチラ