志摩力男トップテキスト
コラム

なぜユーロは急落したのか

2018年6月18日 20:30

コラム

 先週は米朝会談、FOMC、ECBと多くのイベントがあり、まさに歴史的な1週間でした。今週はこれと言ったイベントもなく、先週の動きを咀嚼する1週間になりそうです。

 最も派手な動きがあったのがユーロドル。ECB理事会で量的緩和政策を10月以降150億ユーロに減額し、年内終結を決めましたが、同時に2019年夏の終わりまで政策金利を変更しないという、あらたな「フォワード・ガイダンス」を加えました。当初は、量的緩和政策終了を打ち出すのが7月と想定されていたのが、一月早まったので、1.1851までユーロは買い上げられましたが、新しいフォワード・ガイダンスの効果が上回ると判断され、ユーロドルは1.1564へと287ポイントも下落したのでした。

※続きは「志摩力男 実戦リアルトレード(無料版)」より
http://fx-on.com/adviser/detail/?id=13606&t=2
志摩力男限定レポート

▼ゴゴジャンからのメルマガお申込みはコチラ▼

志摩力男メルマガ
M2J

マネックス証券に新規口座開設すると、
有料メルマガが1か月無料

マネックス証券
メルマガキャンペーンの
詳細はコチラ