志摩力男トップテキスト
コラム

コラム・ニュース

J-CAST会社ウォッチにて「わからん! 続くの 辞めるの?『異次元』の金融緩和~」がUPされました

2018年8月2日 7:00

お知らせ

 J-CAST会社ウォッチで連載中のコラム「志摩力男のFX運命の分かれ道」にて、「わからん! 続くの 辞めるの?『異次元』の金融緩和 政策変更も大勢に影響なし」がUPされました。記事は下記ページよりご覧ください。

◆わからん! 続くの 辞めるの?「異次元」の金融緩和 政策変更も大勢に影響なし
https://www.j-cast.com/kaisha/2018/08/02335284.html

◆J-CAST(ジェイ・キャスト):志摩力男のFX運命の分かれ道~
https://www.j-cast.com/kaisha/money/fx_fate/

(今日の一言)引き締め、緩和、結局どっち?

2018年8月1日 12:00

コラム

 昨日行われた日銀による政策変更、長期金利の上昇を認めることになるため「引き締め」方向へのシフトと想定されてました。しかし、長期金利の変動幅は上下両方向、しかもフォワード・ガイダンスまで導入されたので、「緩和」的?との解釈も出てきました。

 結局のところ、こうした議論にはあまり意味がない気がします。長期金利上昇と言っても僅かです。日銀が暗に認めたように、この先経済が劇的に良くなる見通しはないので、実質的にゼロ金利が半永久的に続くことになります。リターンを求めるなら、資金は外に行く必要があります。

(今日の一言)日銀の本音と建前

2018年7月31日 17:30

コラム

 本日、日銀は政策変更しました。わかり難い内容です。黒田総裁「国債マーケットの市場機能が失われつつあるので変動幅を広げた」と言いましたが、そんなわけないですよね。

 イールドカーブを立たせて銀行経営に配慮、これが本音ですが、言えるはずもありません。「リフレ派」の政策委員への配慮もあります。苦しい会見でスッキリしませんでした。しかし、引き締めの意図がないことは十分に周知させました。円高も避けられています。様々なしがらみの中での目的達成、プロの仕事だなと思いました。

(今日の一言)Facebook

2018年7月30日 12:30

コラム

 今週は日銀政策決定会合が最も大きなイベントと思ってます。実際そうだと思います。

 しかし、少しFacebookが気になります。先週の決算で株価が急落しました。一見、悪くない内容に見えましたが、今後「個人情報保護」に関する規制が悪影響を及ぼしそうです。米国株に関しては、特にテクノロジー関連は強気一辺倒で良いと思ってましたが、8月9月はどうしても米国株が調整しやすい時期でもあり、チャートの形も「ん!」という感じです。注意でしょうか。

マネックス証券にて「週間為替展望」の動画が更新されました

2018年7月30日 12:00

お知らせ

 マネックス証券にて毎週月曜日に更新している動画「週間為替展望」がUPされました。動画は下記ページよりご覧ください。

◆マネックス証券:志摩力男の週間為替展望
https://info.monex.co.jp/fx/fx-plus/seminar/weekly.html マネックス証券動画

(今日の一言)ムニューシン シーリング

2018年7月27日 14:00

コラム

 トランプ大統領がドル高に不満を表明し、その後日銀が金融政策の微調整検討と報道されました。たまたま重なったのかなとも思います。でも、もしかしたら、あまり円安方向へ行かないように、意図的にこのタイミングで「リーク」があったのかと勘ぐりたくもなります。

 真実はわかりませんが、しばらくは113円から上は「ムニューシンシーリング」ということで意識する市場参加者も出てくるでしょう。

外為どっとコムにて「外為マーケットレビュー」の動画が更新されました

2018年7月27日 12:00

お知らせ

 外為どっとコムにて毎週金曜日に更新している動画「外為マーケットレビュー」がUPされました。動画は下記ページよりご覧ください。

◆外為どっとコム:【外為マーケットビュー】 「力説!トレードシナリオ」
http://tv.gaitame.com/g_player/GaitamePlayer.html

(今日の一言)水星逆行

2018年7月26日 12:00

コラム

 アストロや星占いをトレードに活用される方々がいます。私も若い時は好きで、1990年台前半頃、メリマン氏のレポートを米国から手に入れたりとかしてました。

 今は「アストロ」を気にすることはほとんどありません。しかし、「水星逆行」だけは、なんとなく気にしてます。やはりその期間はトレードの調子がおかしかったり、マーケットの動きもおかしいなと感じます。単に実力不足、気のせいなのかも知れませんが、気になります。本日より8月19日まで、水星逆行です。

(今日の一言)Best financial numbers on the Planet

2018年7月25日 12:00

コラム

 トランプ大統領が、またまた経済指標の数字を「リーク」しました。今週金曜日発表となる、米7-9月期GDPの市場予想は現在4.2%(少し前までは3.8%でしたが、どの金融機関も予想を上方修正してきてます)、おそらくもっと強い数字なのでしょう。

 米FOXニュースは「トランプ氏は4.8%と周囲に漏らした」と伝えてます。日本のGDPは、今後は人口減少のため、経済好調でもゼロ近辺ぐらいになります。目先の動きはともかく、どうしてもお金は米国に流れて行くように感じます。

(今日の一言)米長期金利

2018年7月24日 12:00

コラム

 米長期金利が上昇しました。米国のような経常赤字国で、ドル高批判、中央銀行批判を行うということは、その国の国債を買うなと言っているようなもの。

 フラットニングポジションがあまりにも多いこと、週末のGDPがかなり良い数字が予想されることから、米長期金利はさらに上昇しそうです。

マネックス証券にて「週間為替展望」の動画が更新されました

2018年7月23日 13:00

お知らせ

 マネックス証券にて毎週月曜日に更新している動画「週間為替展望」がUPされました。動画は下記ページよりご覧ください。

◆マネックス証券:志摩力男の週間為替展望
https://info.monex.co.jp/fx/fx-plus/seminar/weekly.html マネックス証券動画

きょうの一言

2018年7月23日 11:00

コラム

 こんにちは。志摩力男です。アドライフ様のサポートを受け、本日より私のオフィシャルホームページがスタートしました。今後とも、よろしくお願いします。

 為替市場はトランプ砲炸裂で急激な円高になってます。私自身は中長期的に円安トレンド入りかと思ってましたが、発言の過激さに、短期的には下値模索の展開にならざるを得ないところ。目先は下からのトレンドライン、110.50円前後が保持できるかどうか。

 ただ、FRBの政策は変わりませんし、米経済も強い。落ち着きどころを見つければ中期的に良い買い場となるでしょう。

外為どっとコムにて「外為マーケットレビュー」の動画が更新されました

2018年7月20日 13:00

お知らせ

 外為どっとコムにて毎週金曜日に更新している動画「外為マーケットレビュー」がUPされました。動画は下記ページよりご覧ください。

◆外為どっとコム:【外為マーケットビュー】 「力説!トレードシナリオ」
http://tv.gaitame.com/g_player/GaitamePlayer.html

J-CAST会社ウォッチにて「円安、セカンドステージへ 『将来的に避けがたい円安』のスタート」がUPされました

2018年7月19日 7:00

お知らせ

 J-CAST会社ウォッチで連載中のコラム「志摩力男のFX運命の分かれ道」にて、「円安、セカンドステージへ 『将来的に避けがたい円安』のスタート」がUPされました。記事は下記ページよりご覧ください。

◆円安、セカンドステージへ 「将来的に避けがたい円安」のスタート
https://www.j-cast.com/kaisha/2018/07/19334083.html

◆J-CAST(ジェイ・キャスト):志摩力男のFX運命の分かれ道~
https://www.j-cast.com/kaisha/money/fx_fate/

ニュージーランドは来年2月に利上げ(GS予想)

2018年7月17日 18:00

コラム

 昨日の日経新聞、清水記者の記事が注目を集めてます「112円台で巨額のドル売り FX投資家の次の一手」(https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32977390T10C18A7000000/

 清水記者の記事で気になったのは、「ロジックを欠く円安」持続性に疑問、としているところです。米中貿易戦争で「円高」、リスク回避でムードで「円高」というのが従来のセオリーではあります。8月は過去20年のうち7割円高で終わるというアノマリーも指摘されてます。

※続きは「志摩力男 実戦リアルトレード(無料版)」より
http://fx-on.com/adviser/detail/?id=13606&t=2
志摩力男限定レポート

▼ゴゴジャンからのメルマガお申込みはコチラ▼

志摩力男メルマガ
M2J